FX取引において重要な取引手法となる「押し目買い」「戻り売り」
用語としても重要なので、是非覚えておくべきワードです。

ここでは、「押し目買い」・「戻り売り」がどういう意味なのかについて解説します。

押し目買いとは

押し目買いとは、「相場が上昇傾向にある中で、一時的に下がったところで買うことです。

相場というのは、例え上昇傾向の時であろうとも、一方的に上がり続けるということはほとんどありません。
上がり続ける中でも、一時的に値を下げるポイントがほぼ確実に出てきます。

イメージで言うと、以下のような感じです。

 

 

このように上昇傾向にある中で、一時的に下がるポイントがあります。
上記の図でいうと、赤丸の部分です。

この赤丸部分で買うことを、押し目買いと言います。

戻り売りとは

戻り売りとは、「相場が下落傾向にある中で、一時的に上がったところで売ることです。

「相場は、例え上昇傾向の時でも一方的に上がり続けることはない」と前述しましたが、その逆も同じことで、一方的に下がり続けることもありません。

下がり続ける中でも、一時的に値を上げるポイントがほぼ確実に出てきます。

イメージで言うと、以下のような感じです。

 

 

このように下落傾向にある中で、一時的に上がるポイントがあります。
上記の図でいうと、赤丸の部分です。

この赤丸部分で売ることを、戻り売りと言います。