当サイトが、投資をするならばFXが最も効率が良いのでおすすめだ、と主張するのには、いくつかの理由があります。

ここでは、特にお伝えしたい「2つの理由」について掲載します。

理由① : メリットが圧倒的に多い

FXは、他の金融商品と比較すると、圧倒的に多くのメリットが存在します。
以下が、代表的なメリットとなります。

FXのメリット

●小額から参加できる
●外貨預金などに比べ手数料が安い
●平日は24時間取引可能
●株式のように銘柄が多くないため、勉強・研究に比較的時間がかからない
●「レバレッジ」の利用により、元手よりも多くの額が扱える
●円高だろうと円安だろうと、運用の仕方によってどの局面でも利益を得ることができる
●世界最大の金融市場のため、不正が発生しにくい
●世界中に参加者がいるので、取引が成立しやすい

このように、FX取引は他では類を見ないほどのメリットに恵まれています。
細かく挙げればキリがないので避けますが、この他にも様々なメリットが存在します。

理由② : 日本円だけで資産を持つことのリスクを避ける

当サイトがFX投資をお勧めするもう一つの理由として、

「日本円でしか資産を持っていないということは、実は危険なこと」

ということが挙げられます。

「円」というのは、日本という国家が信用を与えて発行した紙のこと。
信用を与えた大元である「日本」の信用が落ちれば、当然「円」という通貨も弱くなります。

2008年の例で言いますと、アフリカの一国である「ジンバブエ」の件が有名。
経済不安からどんどん通貨の価値が落ちてハイパーインフレが進み、「1回の食事代が600万ジンバブエドル」というような状況になってしまいました。
札束を抱えて歩いている人々の姿が印象的でしたね・・・

つまり、ジンバブエで頑張って1,000万ジンバブエドルのお金を貯めた人でも、一気にその貯金の価値を失うことになってしまったのです。

ジンバブエは極端な例ですが、他にもアルゼンチンなどで似たような状況が起こっています。

日本も、いつ経済的な崩壊が起こるかはわかりません。
実際、国家としての日本の借金はとどまるところを知りませんから・・・

リスクを嫌う日本人なのに、なぜかほとんどの人が「円」という通貨に一点賭けしているのが今の現状なのです。

理由として、資産を守るための知識は学校では教えてもらえないから、ということが考えられます。
こうした知識は、自ら危機を感じ、自ら勉強して得ていくしかありません。

あとは、「金利面でも外貨を持つことは有効」ということが言えます。

多くの方がご存知の通り、今の日本の銀行金利は異常なまでな低金利。
普通預金の金利は「0.001%」といったような、もはや預けている意味がわからなくなってしまうようなふざけた金利です。
これを考慮すると、金利の高い他国の通貨を保有した方が得になる場合が多いのです。

もちろん為替変動によるリスクがあるので、単純に金利が高い国の通貨を持てばよいというわけではありません。
しかし当サイトなどを読み込んでいただき、為替の知識を持てば、リスクを管理しつつ高金利を得ることも可能となってくるわけです。

これらのことから、

「将来のために資産に対する知識・感覚を身につけておきたい」
「資産を眠らせておくだけでなく、有効に運用したい」
「経済的に苦しいので資産を増やしたい」

とお考えの方は、一度FXに目を向けてみるのがおすすめです。

もちろんデメリットも存在

しかし、メリットだけではありません。
もちろん、デメリットも存在します。

まずは「リスク」。
FXに限ったことではありませんが、やはり投資である以上、どうしても元本割れのリスクは付きまといます。
必ずしも資産を増やせるわけではないのです。

あと、FX業者選びにも注意する必要があります。
FX業者の中には、顧客の利益を考えない業者や、経営状態の良くない業者も存在しますので。

口座開設を避けるべき会社については、「失敗しないFX口座の選び方」にてまとめてありますので、是非参考にしてみてください。