FXをやろうとしている知人などから、たまに以下のような質問を受けることがあります。

「まずはバーチャルでのFX取引(仮想取引)から始めてみようかと思ってるんだけど、どうかな?」

いきなり自分のお金を使っての投資は怖いので、まずはゲーム感覚で楽しめる仮想取引で慣れていこう、という感じなのだと思います。

「まずは仮想取引から」という考え方というのは、果たして正解か否か?

仮想取引(バーチャルトレード)から始めることのデメリット

確かに、「実際に自分の資金を使ってFXを行なう前に、まずはバーチャルで」と考える人はとても多いと思います。
そして、もちろんそれは間違ってはいないことだとも思います。

ですが、個人的にはあまりお勧めできない、というのが正直なところ。

理由としては、性格によりけりとはいえ、実際に自分の資金を投資したリアルトレードでないと、なかなか真剣にはなれないことが多いからです。

「負けたところでどうせバーチャルだし・・・・ えーい、ここは大きく一発逆転を狙ってやれ!」

こんな感じで、ただのゲーム感覚になってしまうパターンが多いのです。

仮想取引だからといって、取引のたびに上記のようないい加減な投資をしていてはなんの練習にもなりません。
むしろ、これにより悪い癖がついてしまい、実戦でもそういった悪い癖が出てしまう可能性もあるのです。

練習だろうが一切手を抜かず真剣になれる人ならば、仮想取引での練習は意味があるものだと思います。
しかし僕が見てきた中では、やはり「仮想」となるとどうしてもどこかに甘えや油断が出てしまう人が多いように感じます。

ですので、「自分は仮想だろうと絶対に手を抜かない!」といった完璧主義の人でもない限り、バーチャルからスタートするというのはあまりおすすめできません。
まあ、「最初にどんなものか知っておきたい」くらいの感覚ならば良いと思いますが。

管理人の経験

ちなみに、僕はいきなり実戦から入りました。
思いっきり「練習だと油断してしまう派」ですので・・・・

しかし、結果的にこれでよかったと思っています。

最初から実際のトレードを行なうことで、モチベーションや緊張感を維持しつつ、FXについての基礎知識やFXで利益を積み上げていくための戦略・概念を吸収することができたので。
僕のような「練習よりも実戦の方が遥かに真剣になる」という人間にとっては、この方法が最適かと。

リスク面でも、大抵の業者で最低単位となっている「10,000通貨」で短期取引をしてみる分には、買っても負けてもそこまで大きな額は動きません。
1円という大きな相場変動があっても、動く金額は1万円ですから。
大体、1回の取引での勝ち負けが数百円~数千円の範囲で収まることが多いです。

それでも、いきなりの実戦は怖いという場合

しかし、

「そうは言っても、やはり最初は軽く練習しておきたい」

と考える人もいらっしゃるでしょう。
仮想取引とまでいかなくとも、何か他に練習方法はないものか、と。

そんな時は、こういった方法はどうでしょうか?

それは、「極限まで取引単位を下げる」という方法。
具体的には、一般的な最低通貨単位である「10,000通貨」ではなく、その1/10「1,000通貨」まで取引単位を下げて取引を行なえばよいのです。

これならば、10,000通貨で取引するよりもリスクを抑えつつ、かつ、ある程度の緊張感を持ってFXに臨めます。

1,000通貨単位で取引することにより、単純に10,000通貨の1/10の単位となりますので、1回の短期取引での収支は数十円~数百円程度になることが多く、勝っても負けても額は小さくなりがち。

しかし、一応本当のお金を使っての投資なので、イヤでも真剣になります。

ただし、問題もあります。
それは、ほとんどの大手FX口座において「最低取引単位は10,000通貨」となっているため、1,000通貨から取引できる会社が少ないこと。

ですが、少ないというだけで、存在しないわけではありません。
中でも、以下のような会社は、大手では珍しく「1,000通貨単位から取引が可能」なFX口座となっています。

さらに「マネーパートナーズ」という会社では、1,000通貨単位のさらに1/10となる、「100通貨単位」からの取引が可能なサービスが開始されました。
「1,000通貨単位でもまだ怖い! もっと小さい単位でやってみたい!」という場合には最適でしょう。

100通貨単位から取引可能なFX口座

マネーパートナーズ

「収益が少なくてもいいから、まずは最小限のリスクで取引を覚えたい」という場合でしたら、上記のようなFX口座を利用してみるのもよいと思います。

もちろん上記のFX口座でも、100~1,000通貨でしか取引ができないというわけではなく、入金額に応じていくらでも大きい単位で取引することが可能ですので、慣れてきたら徐々に取引単位を上げて大きい収益を狙いにいくことも可能となっています。