5万円からはじめるFX

記事タイトル名を、なぜ「【5万円からはじめるFX!】少額からFXをはじめる方法&立ち回り」というタイトルにしたのか?

まずはその理由をサラリと。

【5万円】に込めた意味

まずは少額から始めるのが当然

専業トレーダーだけではなく、一般のサラリーマンや主婦にも非常に人気のある投資「FX」。

そんなFX投資ですが、

「取っ付きやすいらしいし、お金を稼ぐ手段を身に付けておくために是非やってみたいけど、先立つものが・・・」

・・・という感じで、「始めてはみたいものの、お金的に厳しいと感じて見送っている」という人も多いだろうと思い、【5万円】という金額にこだわってみました。

 

なぜそう感じたか?

答えは簡単、僕が実際にそう思い込んでいてなかなか踏み出せなかったので・・・

FX投資というと、最初から結構なお金が必要になりそうな気がしていて、興味はあったもののなかなか手が出せませんでした。

しかし調べていくと、最初から大きなお金を入れるのはレアパターンで、むしろ最初は少額から始めるのが当たり前だということが分かりました。

僕の最初の入金額が…

こうして、無駄にビビっていたことに後悔しつつも、ようやく始めることができたFX。
2007年の後半くらいのことでした。

 

そしてこの時、最初に入金した額がまさに『5万円』だったのです。

 

生まれて初めてFXに挑戦した時の入金額が5万円。
この出来事も、このページのタイトルで『5万円』をプッシュしている理由の一つです。

やはり、実体験に基づく話は思い入れがありますので。。。

これ以降、今に至るまで、FXとは10年以上のお付き合いが続いております。

5万円からFX投資を始めた結果

こうして、恐る恐るFX投資へと踏み出した僕。

しかし、入金額がかわいかったこともあり大けがすることもなく、むしろ日に日に少しずつお金が増えていく状況でした。
まだまだ初心者だったのに。

もちろん適当にやっていたわけではなく、「ある程度勉強したから」という部分が大きかったのだとは思いますが。

僕が学んだ内容については、当ブログにてすべて掲載していますので、是非お時間がある時にでもご覧いただければと!

こうして、ある程度FX投資の感覚を掴んでからしばらく経った後、より本格的にやってみようと思い、『20万円』を入金してFX日記をスタートさせました。
その一発目の日記が以下の記事です。

管理人クランキーによる、このブログでの一発目のFX日記

なお2020年現在では、過去日記の方はほぼ非公開とさせていただきました。
日記という特性上、当時の状況に基づいて書いているため、今となっては情報が古くて役に立たない記事になっていたので・・・
ただ、上記の一発目の日記のみ、記念として残しております。。。

ということで、僕のこの経験からも、少額で始められるのならばすぐにでもやりたい」という人が結構多いのでは?と感じているので、「5万円から始める」という部分に焦点を当ててみました。

FX口座を持つことの重要性

FX口座は持っておいて損はない

銀行にお金を預けたり引き出したりといった「銀行取引」をするには、「銀行口座」が必要。
同じように、「FX取引」をするためには、「FX口座」が必要となります。

銀行口座同様、FX口座も、口座を持っておくだけならば、得をすることはあれど損をすることはありません。
口座開設にお金がかかるわけでもないですし、維持手数料などもないので。

よって、何はともあれまずは先に口座開設を済ませてしまうのが得策です。
仮にすぐには使わなくとも、とりあえず口座開設だけでも済ませておけばメリットがありますので。

FX口座を持っていて得をする実例

例えば、「日本による為替介入が近い」といったわかりやすいニュースがあった時。

日本が「日本円で米ドルを買う」という為替介入をすれば、100%確実に円安へ進みます。
こんなわかりやすいチャンスを、みすみす見逃すのは勿体ないですよね。

実際、2011年10月末にあった為替介入時には、あまりにもわかりやすいタイミングで為替介入が発動されたため、FXをやらない一部の人たちから「FXをやっている人たちを大儲けさせただけの介入」なんて揶揄されたりもしたほど。

 

こっそり白状しますと・・・

僕もこの時は、しっかり動いていました。

だって、為替介入によって近々円安へ進むことがほぼ確定している、つまりはほぼ確実に勝てるんですから。
ガツンとぶっこみました。。。

 

あの時は、周囲の人にもかなり勧めたものです。

「今だけでもいいからFX口座を持っておきなよ! で、ドル/円を買えばほぼ確実にお金が増えるから!」

そんなふうに、良かれと思って教えたのですが・・・

いやぁ、怪しまれましたねぇ・・・
「こいつ、詐欺情報でも掴まされたんだろうなぁ、かわいそうに・・・」みたいな目で見られたりもしました。。。

その後実際に為替介入が行われ、予定通り大きく利益を出すことができた僕に対し、友人たちは・・・

「なんであの時、もっと強く勧めてくれなかったんだ!」

・・・と、まさかのお怒りモード。
僕からすれば、「いや、あんなに言ったじゃん!!」という感じです・・・

 

・・・済みません、自慢みたいになってしまいましたが、、、

要は、FX口座を持っていないというのはそれだけ勿体ないということ。
こういったわかりやすい鉄板取引が存在しても、とにもかくにもFX口座を持っていなくては話になりません。

前述の通り、FX口座は銀行口座と同じく口座開設関連で一切費用がかからないもの。

極端な話、口座開設をしてから一切アクションを起こさず放置しておいても、なんら不利益はないのです。

じゃあどこでFX口座を開設すればいいのか?

「理由とかいいから、まずは開設しておくべきFX口座を手っ取り早く知りたい!」という方向けに、まずは【初心者の方にお勧めの開設すべき口座】を列挙します。

理由については、下記にて解説していますので!

 

なお、FX口座は一人で何個持っても大丈夫です。

ちなみに僕が持っている口座数は、2020年現在で8個
FX口座を多く持っておけば、結果的にいろいろと有利になってくるので。

でも、いきなり8個開設するのは大変なので、最初は3個くらいにしておいた方がよいと思います。

■口座開設の申込方法についてはこちら
【FX口座開設の流れ】生まれて初めてFX口座を開設する人でもすんなり分かる!

スプレッド(手数料)を最大限抑えるべし!

それでは、「少額資金からFXを開始する」という前提の場合、どういった口座を選べばよいのか?
このあたりについて語っていきたいと思います。

 

やはり、可能な限り手数料がかからない口座を選ぶべき。

数百万円といった潤沢な資金でじっくり運用していくのではなく、5万円という限られたお金で投資を始めるわけですから、抑えられる費用は出来る限り抑えていくべきです。

 

FX取引でかかる手数料と言えば、「取引手数料」「スプレッド」
この二つです。

取引手数料は、今やほとんどのFX口座が無料となっているので、ここは気にする必要なし。

問題はスプレッド
ここは、FX口座によって変わってきます。

スプレッドとは、1回1回の取引ごとにかかる手数料。
ここが、FX口座会社の利益の元です。

この手数料(スプレッド)が低いFX口座を選ぶことにより、勝率を上げられるわけです。

少ない金額で取引できる口座を選ぶべし!

なにせ設定している資金が「5万円」ですから、少ない資金での取引もできた方がいいに決まっています。

FX取引というのは、通常「10,000通貨」という単位で取引するところが多いです。
例えばアメリカのドルならば、1万ドルを買ったり売ったり、というように。

ですが、その1/10の「1,000通貨」から取引できる口座もいくつか存在します。
アメリカならば、千ドルから取引できるということです。

低資金のうちは、これくらいの単位で取引できるのもありがたいもの。
ですので、こういった口座も抑えておくべきでしょう。

開設しておいた方が良いFX口座【BEST5】

こうした条件を満たし、さらに、

「管理画面の使いやすさ」
「不正の心配がない」
「預けたお金に対する保全性」

など諸々の点も考慮すると、当ブログ的には以下の5つがお勧めとなります。

FX口座開設後、どのように取引していくか?

FX口座開設後、実際にどのように取引をして利益を得ていくのか?

ざっくりと、その流れについて解説してみようと思います。

 

まずは、以下のグラフをご覧ください。

 

 

これは、とある時期の為替相場の動きを単純化したものです。

何か思うところはないでしょうか??

 

・・・そうですよね。
一定のところまで下がっては上昇する、という動きを繰り返していますよね?

 

実際に、こういった動きはよく見られます。
「レンジ相場」と呼ばれる状態です。

 

こういう状況の時に・・・

 

 

・・・ということを繰り返せば、着実に利益を上げていけるわけです。

 

また、こんな相場状況の時もあります。

 

 

多少の下落はあるものの、基本的にはグラフが上昇していますよね?

こういう時は・・・

 

 

・・・といった立ち回りをすれば、利益を大きく伸ばしていけるわけです。

 

FX取引で利益を得る流れは、基本的に上記のような感じです。

FXの基本や取引テクニックなどについて

これで、5万円からFXを始めるためのスタートラインに立ちました。

ここからは、取引の際に、

「どういったタイミングで売り買いしていくか」
「どのように相場予測を立てていくか」

といったあたりが大事になってきます。

こちらについては、当サイトの各コンテンツにてまとめてありますので、是非ご参考にしていただければと思います!

 

何はともあれ、まずは「FX口座を持つ」というスタートラインに立たなければ始まりません。

前述の通り、口座を持つだけならばデメリットはゼロなので、まずはいくつか開設してしまうことをお勧めします。