なぜ「5万円からはじめるFX」というタイトルにしたのか?

まずその理由からいきますと・・・

専業トレーダーだけではなく、サラリーマンや主婦にも非常に人気のある投資「FX」。

そんなFX投資ですが、

「取っ付きやすいらしいし、お金を稼ぐ手段を身に付けておくためにも是非やってみたいけど、先立つものが・・・」

・・・という感じで、始めてみたいけど資金的に厳しいので見送っている、という人も多いと思います。

しかし逆に言えば、「少額で始められるのならばすぐにでもやりたい」という人が多いということ。
そこで思い付いたのが、この「5万円からはじめるFX」というタイトルでした。

なぜ5万円なのか?

「少額から始めたい人が多いのでは?」 = 「じゃあ仮に5万円という金額に設定してみよう!」

こういう流れで5万円という金額が出てきたわけですが・・・

では、なぜ「5万円」なのか?

その主な理由は、以下の2つです。

●1,000通貨単位で始めるならば十分な金額だから

●10,000通貨でも、最大のメジャー通貨ペアである「ドル/円」の取引が可能だから

というわけで、以下にて「5万円」という少額資金からスタートして、どのようにFX取引と馴染んでいくか、どのようにお金を増やしていくかなどについて解説していきます!

とにかくFX口座を持っておくことが大事

銀行にお金を預けたり引き出したりといった「銀行取引」をするには、「銀行口座」が必要です。
同じように、「FX取引」をするためには、「FX口座」が必要となります。

銀行口座同様、FX口座も、口座を持っておくだけならば得をすることはあれど損をすることはありません。
口座開設にお金がかかるわけでもないですし、維持手数料などもないので。

よって、何はともあれまずは先に口座開設を済ませてしまうのが得策です。
仮にすぐには使わなくとも、とりあえず口座開設だけでも済ませておけばメリットがありますので。

例えば、「日本による為替介入が近い」といったわかりやすいニュースがあった時。
日本が「円でドルを買う」という為替介入をすれば、100%確実に円安へ進みます。
こんなわかりやすいチャンスを、みすみす見逃すのは勿体ないと個人的に思います。

実際、2011年10月末にあった為替介入時には、あまりにもわかりやすいタイミングで為替介入が発動されたため、FXをやらない一部の人たちから「FX投資家たちを大儲けさせただけの介入」なんて揶揄されたりもしたほど。

こっそり白状しますと・・・

僕もこの時は、しっかり動いていました。
だって、為替介入によって近々円安へ進むことがほぼ確定している、つまりはほぼ確実に勝てるんですから。
ガツンとぶっこみました。。。

あの時は、周囲の人にもかなり勧めたものです。
「今だけでもいいからFX口座を持っておきなよ! で、ドル/円を買えばほぼ確実にお金が増えるから!」
そんなふうに、良かれと思って教えたのですが・・・

いやぁ、怪しまれましたねぇ・・・
「こいつ、詐欺情報でも掴まされたんだろうなぁ、かわいそうに・・・」みたいな目で見られたりもしました。。。

その後実際に為替介入が行われ、予定通り大きく利益を出すことができた僕に対し、友人たちは・・・

「なんであの時、もっと強く勧めてくれなかったんだ!」

・・・と怒られる始末。。。
いや、言ったじゃん!!と。。。

・・・済みません、自慢みたいになってしまいましたが、、、

要は、FX口座を持っていないというのはそれだけ勿体ないということ。
こういったわかりやすい鉄板取引が存在しても、とにもかくにもFX口座を持っていなくては話になりません。

前述の通り、FX口座は銀行口座と同じく口座開設関連で一切費用がかからないもの。
極端な話、口座開設をしてから一切アクションを起こさず放置しておいても、なんら不利益はないのです。

5万円からのFX極意① : スプレッドを最大限抑えるべし!

それでは、「少額資金からFXを開始する」という前提の場合、どういった口座を選べばよいのか?

やはり、可能な限り手数料がかからない口座がよいでしょう。
数百万円といった潤沢な資金でじっくり運用していくのではなく、5万円という限られたお金で投資を始めるわけですから、抑えられる費用は出来る限り抑えていくべきです。

FX取引でかかる手数料と言えば、「取引手数料」「スプレッド」
この二つです。

取引手数料は、今やほとんどのFX口座が無料となっているので、ここは気にする必要なし。

問題はスプレッド。
ここは、FX口座によって変わってきます。

スプレッドとは、1回1回の取引ごとにかかる手数料。
ここが、FX口座会社の利益の元です。

5万円からスタートとなると、必然的に短期取引がメインとなります。
デイトレードやスキャルピング(数秒~数分で決済してしまう超短期投資)など。
細かく何度も取引していくことになるわけです。

となると、スプレッドはできる限り低く抑えるべき。
1回1回の取引にかかる手数料が減るわけですから、それだけ有利に戦えるようになります。

上記はすべて、≪米ドル/円で0.3銭原則固定≫という業界最高水準の低スプレッドとなっています。

なお、FX口座は一人で何個持っても大丈夫です。
ちなみに僕が持っている口座数は、今のところ7個
FX口座を多く持っておけば、結果的にいろいろと有利になってくるので。

■口座開設の申込方法についてはこちら
【FX口座開設の流れ】生まれて初めてFX口座を開設する人でもすんなり分かる!

5万円からのFX極意② : 1,000通貨単位から取引できる口座を選ぶべし!

なにせ設定している資金が「5万円」ですから、少ない通貨単位での取引もできた方がいいに決まっています。
というか、少ない単位で取引できないと困る、というレベルですよね。。。

通常は、「最低取引単位が10,000通貨」というところが多いのですが、その1/10の「1,000通貨」から取引できる口座もいくつか存在します。

こちらの「1,000通貨から取引が可能な口座」と、上記の「低スプレッド口座」と見比べると、答えが出ますね。
そう、重複している口座こそ【5万円からのFX】に最適なFX口座と言えます!

つまり、、、

ヒロセ通商【LION FX】

YJFX!【外貨ex】

トレイダーズ証券【みんなのFX

・・・の3つですね。

 

さて、これで口座については定まりました。
では、口座開設が済んだあとはどうしていくのか?

FX口座開設後、どの通貨ペアを狙うか

無事FX口座の開設が終わり、さぁいよいよ取引だとなった時、まずはどの通貨ペアを狙っていくかを決める必要があります。

さて、この時に、どの通貨ペアを狙うべきか?

ドル/円?
ユーロ/円?
ポンド/円?
豪ドル/円?
ユーロ/ドル?

いろいろありますが、、、

冒頭でも書きましたが、最初に手を出す通貨ペアは・・・ズバリ、ドル/円!
こちらをオススメします。

理由ですが、ドルは世界の基軸通貨であり、米国は世界経済の中心です。
よって、それだけドルに関する情報は多く、判断材料に事欠きません。

つまり、それだけ値動きが予想しやすい、ということになるのです。

さらに、基軸通貨ゆえ流通量が多く、相場が大きく変動しにくいという特徴もあります。
大勝ちする機会も少ないですが、大負けすることも少ないです。

資金5万円から始めるわけですから、最初はローリスクローリターンな通貨ペアであるドル/円を狙っていくべきでしょう。

そして、値動きのおとなしいドル/円で取引に慣れていきつつコツコツとお金を増やしていき、そこから取引通貨単位を増やしたり、他の値動きの荒い通貨ペアにも移行していく、といった感じで立ち回るのが「5万円からの立ち回り」としてはベストだと思います。

FXの基本や取引テクニックなどについて

これで、5万円からFXを始めるためのスタートラインに立ちました。

ここからは、取引の際に

「どういったタイミングで売り買いしていくか」
「どのように相場予測を立てていくか」

といったあたりが大事になってきます。

こちらについては、当サイトの各コンテンツにてまとめてありますので、是非ご参考にしていただければと思います!

■FX「超」初心者講座

■FX初心者講座

■為替の分析方法

■FX必勝講座