FX取引を行なう場合、通常は最低「10,000通貨単位」というところが多いです。
つまり、1万ドル・1ポンド・1万ユーロなど、「10,000」という単位からの取引が最低単位となっているところが多いということ。

しかし、その1/10・・・どころか、1/100での取引が可能な業界初のFX口座も存在します。

FX口座ごとの取引単位の違い

前述した通り、ほとんどのFX口座における取引の最低単位は「10,000通貨単位」。

しかし、その1/10である1,000通貨単位で取引できるFX口座もいくつか存在します。

1,000通貨単位ならば、リスクも利益も10,000通貨単位で取引した場合の1/10となるので、大きく勝つことはできないけれどその分大きく負けることもない、ということで練習には最適な通貨単位となっています。

1~2円といったそこそこ大きな値動きがあっても、1,000通貨単位で取引しているのならば勝つも負けるも1,000~2,000円に収まるので。

しかし、これはまだ序章。
序文やタイトル通り、1,000通貨単位よりもさらに低い単位で取引できるFX口座が存在するのです。

「100通貨単位から取引可能」なFX口座『FXnano』

「1,000通貨単位でもまだ怖い! もっと低い単位で練習がてらにFXをやってみたい!」

そんな声に応える形で生まれたのが、FX業界の老舗業者であるマネーパートナーズが提供する「FXnano(エフエックスナノ)」

なんとこのFxnano、業界初となる「100通貨単位からFX投資ができる」という口座なのです!

100通貨単位から取引可能なFX口座

マネーパートナーズ

つまり、通貨によっては「日本円で100円から投資が可能」ということになります。

100円から投資可能なFXnano

ご覧の通り、『南アフリカランド/円』ならば100円からFX投資を始めることができ、対円通貨ペアで最もメジャーな米ドル/円でも460円から始められます。

100通貨から始めた場合の利益やリスク

100通貨単位ならば、1~2円というような大きめの値動きがあっても、勝つも負けるも100~200円となります。

米ドル/円やユーロ/円ならば、1円というのは非常に大きな値動き。
滅多に発生するものではありません。

そんな1円という大きな相場変動があって負けてしまったとしても、100円の損失で済むのです。

その分、もちろん勝った時の利益も小さいです。
1円動いたとしても、100通貨での取引ならば100円のプラスにしかなりません。

しかし、FXを始める際に最も大事なのは「リスクを最小限に抑えること」
この大事な部分をクリアしつつ、FX取引を覚えていくことが出来るわけです。

 

FX超初心者の方で、

「FXを始めてみたい」
「とりあえず覚えるだけ覚えてみたい」

という場合には、100通貨単位での取引は最適でしょう。

ちなみに、100通貨単位での取引に対応しているのは、今のところマネーパートナーズのFXnano以外にありません。

FXnanoで使用する取引ツールについて

FXnanoで使用するのは、「XFX」と名付けられた取引ツール。

この「XFX」、FX初心者を強く意識しているのか、取引画面やサウンドのカスタマイズをすることが可能で、自分にとってわかりやすいよう・楽しめるように環境を設定できます。

取引ツール

動きも見た目も派手で、非常に視覚的にわかりやすい作りになっています。
クリック一つで取引可能、という操作性の良さもウリの一つ。

FXに慣れるためには、バランス良く作られているツールだと言えるでしょう。

FXnano口座を利用するには

「FX nano」口座を開設して利用するためには、まずは普通にマネーパートナーズにて口座開設をする必要があります。

⇒マネーパートナーズ 口座開設ページ

こちらの公式ページから口座開設が完了すると、管理画面にある「口座管理」タブの「パートナーズFXnano」をクリックすると、そこからFXnano口座が開設できます。

「まずは練習という形で始めたい。」
「ゲーム感覚でFXを楽しみたい。」

という方には最適です。