FXよりは世間一般に浸透している「外貨預金」。

しかしこの外貨預金が、実は銀行主導によるボッタクリ金融商品だということはあまり知られていません。

「銀行があれだけプッシュする金融商品なんだから大丈夫だろう。」

こう考える人が多いのです。
いまだに、「銀行」というだけでついつい信頼してしまうという人も多いですからね・・・

それでは、外貨預金がいかにやる価値のない金融商品について述べていきます。

デメリット① : 円安になることを祈るしかない

まず外貨預金がどういうものかというと、基本的にはFXに近く、金利の低い日本円を持ち続けるよりは、他の金利の高い国の外貨に換えてしまい効率良く利息を得よう、というもの。
日本より金利の高い国が多いせいか、外貨預金は非常に人気のある商品となっています。

しかしFXと違うのは、

「外貨預金の場合はただただ円安になるのを祈るしかない」

という部分。

外貨預金というのは、要は「円で外国の通貨を買う」こと。
預金という名がついているので誤解されがちですが、やっていることはただの投資で、かつ「円安にならないと利益が出せない」という非常に不自由な金融商品なのです。

FXならば、状況に応じて円を売ることもできます。
円を売ることができれば、円高の時でも利益を出すことが可能。

これだけでも、わざわざ外貨預金をやるメリットなどどこにもありません。

デメリット② : 手数料が高い

そして、最大のネックとなるのがこの「手数料」の問題。
FXと比べた場合に、比較にならないほど手数料が高いです。

その額たるや、米ドル1ドルあたり片道で約1円、つまり往復では1ドルにつき約2円もかかってしまうのです。

1ドル=100円の時に1万ドルを買ったら、日本円で必要となるのは100万円。
この1万ドルを買って、また円に戻すことを考えると、合わせて約2万円もの手数料が取られてしまいます。
仮にドル/円相場が2円上がっても、手数料でチャラです。

この手数料の額は、FXでの手数料(スプレッド)の300倍以上というとんでもない暴利。
FXの場合、今では片道の手数料が0.3銭、なんてFX口座も多いですから。

さらに、他通貨ならばさらに高い手数料が取られます。

例えば英ポンドならば、片道約4円。
せっかく金利の高い国の通貨を購入しても意味がありません。
為替が少し円安に進んでくれたとしても、手数料で相殺されてチャラ、下手したらマイナス、なんてことも多々あるでしょう。

外貨預金の手数料がいかに厳しいものかがお分かりかと思います。

デメリット③ : 中途解約ができない場合もある

さらに外貨預金が顧客にとって非常に不利になってしまう要素として、「原則、中途解約ができない」という銀行が多いという部分。

相場というものは日々変動するもの。
ここだ!と思った時に円に戻せないというのはかなりのストレスです。

「今後相場が下がりそうだな・・・」

と予想して、実際その通りになったとしても、指をくわえて自分の資産が減っていくのを見ているしかありません。

あと、急にお金が必要になることもあるでしょう。
そんな時でも、途中で解約して現金を手にすることはできないのです。
自分のお金なのに。

なお、解約できる場合もありますが、その条件はかなり厳しかったり、利率が下がったりと、デメリットしかありません。

外貨預金は到底おすすめできない

以上のように、外貨預金というものは、買う理由やメリットを探す方が難しいという金融商品。
銀行が儲けるためだけの存在に過ぎません。

外貨預金とFX、どちらもやらないのならまだしも、FXをやらずに外貨預金をする、などというもったいない行為だけは絶対に避けるべきです。