【2011/12/19(月)】
現在、15:30。

いやぁ、大変なことになりましたね。
突然流れてきた金正日(キム・ジョンイル)氏死去のニュースにより、世界中が緊張感に包まれています。

後継問題はどうなっているのか?
これを機に大きな軍事行動へ出たりするのか?

とにかく謎が多い国なので、ついあらぬ想像もしてしまいます。

今のところ「三男のジョンウン氏が後継者である」と報道されているようですが、すんなりいくのか・・・

為替にも当然影響があり、本日正午に金正日氏死去のニュースが流れるやいなや、やや大きめに円安方向へ動きました。

ドル/円では25銭ほど。
値幅自体はそれほど大きくないかもしれませんが、ここ最近のドル/円がこんなに急激に動くことはなかったので、やはり大きな出来事だということでしょう。

北朝鮮に対し、日本や韓国は距離的にも近い位置にありますし、外交関係的にも微妙。
韓国の軍隊は、早速非常警戒態勢へ入った模様です。

よって、円やウォンはしばらく下がるかも知れません。
つまり、円安やウォン安が進む、と。

僕が今メインで立ち回っているドル/円も、「基本的には円高に動く」というトレンド予想の元で取引しています。

しかし、このトレンド予想を一旦練り直す必要があるかもしれません。

このまま北朝鮮が細かな発表をせず、相変わらずの秘密主義を貫くのか。
それとも、新体制について具体的な報道があるのか。
はたまた、絶対的なトップの死去により、世界を巻き込むような政変が起こるのか。

今後の北朝鮮がどうなるかによって、為替予想も大きく異なってきます。

ちなみに、先週金曜~今日までの僕の取引状況は、ドル/円でプラス4,000円ほど。
緊急事態ということで、ちょいプラで一旦逃げました。

こういう時は、大きく利益を出すチャンスでもありますが、大けがするリスクも孕んでいます。

再三この日記でも書いていますが、僕のFX投資は「お小遣い稼ぎ」です。
イチかバチかの勝負などせず、出来る限り安全に立ち回ることが最優先。

大きく騒がれている金正日氏の死去。
意外と何事もなく日常へと戻っていく可能性が高いですが、一応用心しておくに越したことはないので、取引も今まで以上に慎重に行なった方がよいでしょう。

僕も、ちょっと静観します。。