【2012/2/9(木)】
昨年10月31日の大規模介入後も、裏でこっそりと小規模な介入を繰り返す、いわゆる「覆面介入」をしていたことが明らかとなりました。

市場では囁かれ続けていたんですよね。
「こっそり介入してるんじゃないか」と。
普通、介入一発であそこまで円高が食い止められることは稀ですから。

なんにせよ、これで安住氏の口先介入の威力が増したことになります。

今後また「円高には断固対応する」なんてことを発言しようものなら、誰も単なる脅しとは思わないはず。
実際に大規模な介入をし、その後も覆面介入をしているわけですから、「安住氏が言うならやるんだろう」という緊張感が市場に蔓延し、その結果、実際に介入しなくとも円高が食い止められる、という展開になりやすくなるはず。

今後も安住財務大臣の発言には要注目です。
円高警戒発言が出たら、すかさず買いに走りたいところですね。

さてさて、僕のドル/円との闘いですが、、、

76円72銭で6万通貨の売りポジションを抱えたのですが、その後もドル/円相場は円安傾向。
一向に下がってきてくれません。

米国の株高にイヤな予感はしたんですよね。。
米国が株高になれば、当然円安ドル高を誘発しやすくなりますから。

77円04銭で4万通貨の追加売りをしたりと足掻いていたのですが、それでもなかなか状況が好転しません。

損切り設定している77円20銭のラインまであとわずかとなり、「もうダメか・・・」と諦めかけていたのですが・・・

きましたっ!
77円20銭を目前にしての下落が発生!
昨日の18:30頃から、ついにドル/円が下がり始めたのです。

その結果、夜には76円70~80銭あたりまで下がり、一時的にプラス1万円を超える状態にまで回復。
一時はマイナス3万円を超えていたので上出来です。

しかし、問題はここから。
ここで決済してしまうのか、それとももう少し待つのか・・・

悩みました。
読み通り77円20銭直前で上昇が止まり、そこから下落が始まったのだから、ここは勇気を持ってもうちょっと待つべきなんじゃないのか。
ちょい浮きで逃げてしまいたいのはやまやまだけど、ここは我慢のしどころじゃないのか。
76円50銭くらいまでは下がってくれるのではないか。

ということで、「また普通に上昇してしまうかも・・・」という不安もありましたが、ここは一丁もう一晩待ってみることにしました。

 

明けて翌日。
つまり本日。

この日記を書いている午前10:30現在のドル/円は、77円15銭あたりをウロウロ・・・・・・・・・
上がってしまった・・・・・・・・・やらかした・・・・・・・・・
再びマイナス3万円オーバーの含み損を抱えている状態です。。。

損切り到達まであと5銭。
もうヤバそうです。。。

さすがにもう無理かなぁ・・・・・・