【2009/1/21(水)】
深夜1:30過ぎから始まったオバマ新大統領の就任式。
歴史的なことゆえ、僕も眠い目をこすりながら必死こいて観ていました。

凄いですね、アメリカ。
やたらと人が集まってました。

あそこまで関心が高いものなんですね。
日本とは大違い。。

初の黒人大統領ということで、襲撃の危険なども懸念されていましたが、大きな事件・事故もなく無事に就任が完了。

新大統領誕生の瞬間にもなぜか円高が進むというよくわからない展開でしたが、今後に期待です。

●昨日の相場状況

ドル/円。
新大統領誕生ということで、ご祝儀的な上昇を懸念しての買いが入るかと思いきやそんなこともなく。。
ニューヨーク株も約332ドルもの下落が発生し、二ヶ月ぶりに8000ドルを割ってきました。

為替相場も、23:00過ぎには重要ラインである90円を割ってしまい、今朝の時点でも90円を下回った状態です。

ユーロ/円。
一方的に円高へ進み、ついに116円を割ってしまいました。
一時、115円前半をマーク。

今朝の時点では、少し回復して115円80銭ほどとなっています。

ポンド/円。
こちらも一方的な円高。
イギリス経済への不安が再燃し、今朝の時点では124円台まで下落しています。

一時は史上最安値である123円後半まで下がりました。

●今日の相場予測

ドル/円。
オバマ効果もなく、あっさりと90円を割り込んだことにより、円高へ進みやすい状態だと判断しています。

まず注意すべきは88円中盤のゾーン。
ここを下回ると、87円くらいまでの下落(円高)を考慮する必要があるかと。

ユーロ/円。
ついに直近の最安値であった116円を割ってしまったことにより、さらなる円高が予想されます。

まずは113円50銭付近を意識したいところ。
ここも下回るようならば、最悪110円くらいまでの下落も視野に入れておいた方がよいかもしれません。

ポンド/円。
一方的な下落に、もはや「ポンド/円を積極的に買いたい」という投資家は少ないと思われます。
よって、昨日からの円高の流れは続くかと。

戻り売り(少し値が上がったところで売る)で利ざやを取っていくのが良さげです。