【2013/4/22(月)】
世界経済に影響を与える国の財務大臣や中央銀行総裁が集まる会議である「G20(ジートゥエンティ)」。
ここで話された内容が、その後の世界経済を左右するというほどの重要会議です。

そんな重要会議が、先週末に行なわれました。

今回のG20で注目だったのが、日本の異次元金融緩和に対する世界の反応。

おそらく出るであろう「円安誘導目的の金融緩和では?」という追求をいかにかわすか、というところが焦点でした。

そして会議では、やはり韓国から批判が出たりするも、日本側は、「金融緩和はあくまでデフレ脱却&経済回復のため」と突っぱねます。

結果、明確な批判は避けられ、なんとか無事に乗り切ることに成功。
日本の異次元金融緩和は、世界に容認された形となりました。

世界第三位の経済大国日本が復活すれば、世界経済にも良い影響を与えるだろうという共通認識があるでしょうから、世界各国としてもなんとか日本には復活して欲しいのでしょう。

しかし完全に認められたわけではなく、警戒はされている状態です。
ニュアンスとしては、「まあ今は日本経済大変だし、多少派手に動くのも見逃すけど、あんまり調子に乗るなよ?」といった感じです。。

 

さてさて、それでは為替状況へ。

ドル/円、先々週末に100円突破間近まで上昇しつつも、翌週になり一時的に96円あたりまで下落。

しかし、この下落はやはり一時的なものに過ぎず、すかさず上昇へ転じます。
結局、先週はジワジワと上昇を続け、週末の段階では再び100円間近まで迫りました。

そして週明けの今日、G20効果もあってか、午前10:30現在のドル/円相場は99円85銭!!

もう、ホントにあとちょっとのところでプスプスとくすぶっている状態です。。
いよいよ4年ぶりの100円突破なるか・・・?

でも、ここには見えない厚い壁があるんですよね。
何か強い材料が出て来ないと、このラインをポーンっと超えるのは難しいと方々で言われています。

そして今のところ、材料不足だという見方が強いです。
G20での日本の金融緩和容認も、この程度の容認のされ方は織り込み済みだったということもあり、100円超えの材料としては弱そう。

前回100円間近まで上がった時のように、今回もまた一旦ここではじき返され、96円~97円くらいまで下がるのか、それとも意外にサクっと突き抜けるのか?

僕の予想としては、あくまで「近日中の100円突破」です。
とはいえ、買うのは100円をしっかり超えてきてからの方が無難だと思います。