【2013/5/4(土)】
どうも!
この前、とある県道を車でひた走っていた時に、「金魚・文具・足つぼの店」という看板を発見し、目を奪われすぎて思わず事故りそうになったクランキーです。。。

ささやかでもいい・・・・・・何か共通点をプリーズ・・・・・・
金魚・文具・足つぼという、それぞれが絶妙に無関係なジャンルのものが並列されていることに、一瞬何が起こったかわかりませんでした。

もはやあの店は、ドライバーの度胆を抜くことしか考えてないんじゃ・・・?

さてさて、昨日は第一金曜日。
第一金曜日と言えば、FX界では「ざわっ…」となること必至な日。

そう、「米雇用統計」の発表日です。

アメリカの雇用情勢は、世界経済に多大な影響を与えます。
よって、アメリカの就業者数や失業者数がどのように変化するかによって、為替は大きく変動するわけです。

そして昨日の米雇用統計の結果は、、、

市場予測よりも良い結果が出たことで米ドルの価値が上昇し、急速に円安が進んで99円を突破しました!

この日記にて、しきりにドル/円での買いを主張していた僕としては一安心です。
投資は自己責任とはいえ、相場予測を書く以上「出来る限り当てなければ・・・」という使命感は一応持っていますので。。。
この比較的読みやすいアベノミクス相場状態中は特に・・・

ということで今後の立ち回りですが、今出てる利益を一旦確定させるため、とりあえず週明け早々に売っちゃっていいと思います。

で、また97円台まで下がってきたら買う、という感じで。

万が一96円台まで落ちるようなことがあれば、再度買い足した方がいいかと。
いわゆる「ナンピン買い」というやつです。

ナンピン買いはリスクも高まる手法ですが、今のアベノミクス相場を見る限りリスクは低めだと考えています。

仮にサクっと100円を突破してくるような場合も、本格的な円安力ありと見て買いに打って出るべきかと。