【2013/5/23(木)】
いやぁ、焦りますね。。。
日経平均、ここへきてまさかの大幅下落ときましたよ・・・

その額たるや、前日比で1,143円の下落。
これは、ITバブルが崩壊した2000年以来、つまりは13年ぶりの下落幅なのだとか。
東証一部に上場している会社の約99%が値下がりするという、かなり強烈な下落でした。

この急落を受けて、アベノミクスを良しとしない人たちからは早速、「それ見たことか」「反動がきた」「アベノミクスバブル崩壊の兆しだ」との声が発せられています。

しかしこれは、あくまで一時的な急落だと思うんですよね。
どんな上昇相場であろうと、この程度の波は訪れるものですから。
むしろ、なんのトラブルもなく上昇し続ける、なんて相場の方が異常です。

なので、僕はこの下落を生かして、ドル/円にて101円半ばで買いを仕掛けました。
この円安トレンド下において、ガクンと値が下がった時は絶好の買い頃と見ているので。

今日の21:30に発表された「米新規失業保険申請件数」も、大した結果ではなかったけども、それでもジワジワと円安へ戻ってきていますし。

これらのことから、長期的に見ればまだまだ円安への力は強いのだと思います。
なので、今まで通り買いメインで立ち回るつもりです。

万が一読みをはずしても、100円という強い損切りラインがあるため、ここを割ったのならば潔く損切りできますし。