【2013/5/31(金)】
昨日は、日経平均が700円以上も下がるし、欧米株も下がるし、米国経済指標も悪いしで、何も円安への材料がない一日だったという印象。

こりゃさすがにやばいかな、円高へ振れちゃうかな、と心配していたのですが・・・

それでも大きく円高へ振れることがないのが今の相場。
ドル/円もそれほど崩れることなく、101円前後での攻防が続きました。

円高材料が結構揃ってしまったにも関わらず、この程度で持ちこたえたのは大きいですね。
力強い円安トレンドを感じます。

チャートを見るに、ドル/円は100円50銭あたりに支持線(値下がりの下限ライン)がありそう。
ここを割らない限りは、ちょこちょこ買い足していくつもりです。
で、あまりポジションが増え過ぎないように細かく決済していく感じで。

そして前回の日記でも書いた通り、もし100円を割るようなことがあれば一旦諦めて損切る、という立ち回りで攻めようかと。

現在、午前10時前。
今日は日経平均がやや上昇してスタートし、おかげでドル/円もジワジワと円安へ動いています。

今日の早朝5時くらいに100円70銭あたりをウロウロしていた時は、絶好の買い時でしたね。。
起きてたら絶対買ってたなぁ・・・

まあ、「それなら指値入れとけ」って話なんですけど。。
チャート見ながらリアルタイムで取引したい派なので、指値入れてまで、っていうのはあんまりやらないんですよね。。

さてさて、今日は経済指標の発表も多めです。

特に注目なのは、14:00からの日本の住宅着工戸数と、18:00からのユーロ圏の失業率。

そして21:00以降は、一つ一つはそれほど重要な指標ではないものの、アメリカの細かい指標がドドドっと発表されます。

基本的には「このまま円安へと進んでいく」と予想していますが、指標が予想外の大崩れとなればわかりません。
大崩れさえなければ無事円安へと進んでくれると思うのですが・・・

油断はしないように構えておこうと思います。