【2013/6/4(火)】
いやはや・・・
調子が戻りませんね、日経平均・・・

昨日も、約512円の下落という今年三番目の下げ幅を記録しちゃいましたよ。。

「ドル/円は100円50銭あたりが下限のはず!」と息巻いていた僕ですが、昨日の下落を見てさすがに覚悟しました。
こりゃダメだ、と・・・
100円割っちゃうんだろうなぁ、と・・・

とはいえやはり100円のラインは強く、昨日一日、割りそうで割らない展開が続いていました。
100円に近づくと細かく上昇し、なかなか踏ん張ります。
何か大きな材料が出てくれば、このまま円安方向へ転換するかもっ・・・?なんていう甘い考えが出てくるくらいに。

でも冷静に考えれば、単に「まだ割ってはいない」というだけで、100円割れは時間の問題だろうという情勢。

ということで、変に夢を見ず、僕もここらで敗戦処理に入ります。。
おかげさまで、それまで細かく取っていった利益がパー・・・

 

そして昨日の23:00。
この時間に発表された米国指標も総崩れとなり、ここでついにドル/円が100円割れ。
1円以上も下がり、一時は98円台に入るというほどの派手な急落でした。

これにて、今回のドル/円の100円ラインを巡る攻防はフィニッシュと相成りました。。。
ふぅ。。。

いやぁ、今回は見事に読み外しました。
まだ100円を割るほどの弱さはないだろうと思っていたのですが、度重なる悪い指標発表、世界的な株安などが重なり、あえなく割ってしまいましたね・・・

下げるはずだった日本の長期金利も上昇し、あれだけ強気だった黒田日銀総裁もやや弱気な発言をするなど、雲行きが怪しくなってきています。
円安トレンド失速か・・・?

アベノミクス、ここからが真価を問われるところですね。

今までは、ほぼ期待先行のみで株高&円安が進んだという感じですから。
まあ、期待感だけでここまで株価を押し上げられたというのは凄いことなのですが。

そろそろ出てくる、いわゆる「アベノミクス第3の矢」に期待です。

とりあえず、今は買いに走るのは危険だと思うので、動くとすればドル/円の99円後半での売りか、もしくはおとなしく見(ケン)に徹するか、というところでしょうか。