【2013/6/20(木)】
米FRB議長であるバーナンキ氏の会見を受けて、昨日の深夜3時頃にドカーンっと円安へ進んだドル/円。

95円あたりを力なくウロウロしていたのに、ダンディなヒゲを生やしたおじさんがちょこちょこっと喋っただけで一気に97円直前まで上昇ときたもんですから驚きです。

相変わらずFRB議長たるバーナンキさんの発言力は凄い・・・
会見どころか、会食やらゴルフやらでボソっと漏らしたような雑談レベルの発言でも相場に影響を与える、とまで言われるほどですからね。。
FRB議長、恐るべし。。。

んで、この日記を書いている23:00現在ですが、ドル/円は98円10銭ほど。
あの急上昇後もジワジワと上がり続けています。

さぁそれでは、今後も円安へと動き続けるのか?
・・・と聞かれれば、答えは微妙です。。。

日経平均は下がっているし、円安に向けての明るい材料はほとんどないし、ということで、今回の上昇はあくまで単発の事故のようなものと見定め、未だ方向感無しと見て少し様子見に回るのがベストだと思っています。

こういう時の僕は、おとなしくシストレ24で自動売買を回しつつ凌ぐ、というのが常套手段。
今回も、この方法で凌いでいこうと思っています。