【2013/8/5(月)】

参院選の自民党大勝により、しばらくは緩やかな円安になるんじゃないかなと思っていたものの・・・

織り込み済み度合いが強烈だった為か、ほとんど影響がありませんでした。
というか、むしろ円高に触れる有様。。。

ドル/円は、97円50銭をサポートラインとして抗っているように思えます。
相場は生き物・・・

さてさて、自民独裁色が強まる今、個人的に最も注目してるのは、この日記で何度も書いている通り「消費税」です。

甘利経財相は「消費税を上げないという選択肢はない」なんて言ってましたが、安倍首相は意外と慎重な様子ですね。

なんだかんだ言いながらも上げることは既定路線かと思いきや、わりかし真剣に消費税増税見送りを検討してくれているのかもしれません。

消費税を上げるべきか上げないべきかの議論。

専門家の中でも、真っ二つに割れていますね。

●今更消費税を上げないと言い出せば、世界の投資家からの信用がガタ落ちになり、株安&景気悪化が進む

●せっかく経済が良くなってきた雰囲気が漂う中で増税すれば、一気に景気が悪化する

この相反する意見が、真っ向からぶつかっています。

僕個人としては、この日記で何度も書いてきている通り「このタイミングで消費税なんて上げたら終わり」派。

少子高齢化で社会保障費が膨らみ、それを何かで補わないといけないのは確か。
いずれ消費税は上げないといけないのでしょう。

でも、今じゃないんですよ。

流行りの・・・いや、そろそろ本人も飽きてきてそうな「今でしょ!」の逆で、今じゃないんですよ。

上げるなら、もっと景気が上がってからだと思うんですよね。

「景気上げるより税率上げる方が楽だから」で増税するなんてのは愚の骨頂。

消費税増税はなんとか見送ってもらい、もっともっと経済政策に重点を置き、少しでも株高&円安を誘発していただきたいと思っています。