【2013/10/4(金)】

さてさて、約一か月・全4回に渡っての連載となったGOMA氏の記事いかがだったでしょうか?

連載スタート当初、一か月限定の短期入門講座にするか、長々と続けていく連載にするのか、についてはまだ決まっていなかったのですが、とりあえず短期終了とさせていただきました。

今後は今まで通り、「クランキーのFX日記」が更新の主体となっていきますので、皆様、今後とも是非よろしくお願い致します!!

そんなわけで、、、

まずは消費税について。
ついに、安倍首相が8%への引き上げを表明しましたね。

しかし、消費税増税は既に織り込み済みであり、市場への影響はほぼありませんでした。
まあ、上げることはほぼ確定的でしたからね。。 影響がないのも当然です。。

消費税が上がれば円安圧力が強くなるのが通常。
世界的には、増税すれば物理的に日本の歳入が上がるわけですから、結果的に日本の信用が上がり、株高&円安へと繋がります。

ですので、今回はほぼ影響がなかったとはいえ、実際に上がる来年4月には、ご祝儀的な円安があるかもしれませんね。

少なくとも、円高に動くという可能性は低いでしょう。
ちょっとした攻め時になるかと。

相場を見てみると、相変わらずドル/円は100円のラインが全く意味を成さなくなっています。
主に、米国のゴタゴタ関連で円高が進んでいる印象。

日経平均も円相場も、良くも悪くもアメリカさん次第。
予算の問題やらなんやらがうまいこと片付いて米国株が持ち直して来れば、日本の株高&円安へと繋がるわけで。

米国の状況次第ですが、特に大きな動きがなければ、このままジワジワと95円程度まで下がる可能性が高そうです。

そして95円台でやや持ち直し、また100円目指して上がっていく、という流れになるのかなと思っています。

さぁ、今日の21:30からは、月に一度のお祭り騒ぎ「米雇用統計発表」ですね!
持っているポジションはなるべく手仕舞っておいて、万全の態勢で雇用統計を迎え撃ちましょう!

さて、サプライズはあるか・・・?