【2014/2/11(火)】

いよいよ確定申告の時期ですね!
皆様、去年の収支はどうでしたでしょうか?

ちなみにサラリーマンの方の場合は、年間20万円以上の利益が出ると確定申告の義務が発生します。

中には、「副業が会社にバレたらまずい」というサラリーマンの方もいらっしゃるでしょう。
その際には注意が必要です。
なぜなら、気を付けないと住民税によって副業がバレてしまうかもしれないからです。

サラリーマンの場合、税金が給与から自動で差し引かれる「特別徴収」が通常です。
なので、FXなどの副業で稼いで確定申告をした場合、特別徴収によって住民税が上がっていることが会社にバレてしまう可能性が高いのです。
「住民税が上がってるということは・・・こいつっ!!」っとなるわけです。。

しかし、確定申告時に「自分で納付」にチェックし、普通徴収を選択すれば、会社にバレる可能性は低くなります。

よく知られた話ですが、この時期の風物詩ということで、一応書いておきました。
当てはまりそうな方は、是非ご注意を!

ちなみに、、、

「ちょっと稼いだくらいでいちいち申告するのもバカらしいし! まあ、バレないでしょ!」という考えは危険です。
最近はFXの利益に対する取り締まりも厳しいので、利益が出たらきっちりと確定申告をすべきでしょう。

もしバレた日には、追徴課税で余計に払わされますし、その上「こいつは要注意だ」とマークされてしまい、今後も頻繁に調査をされるハメになるかもしれません。

「稼いだらその分払う」、これはほとんどの国においての絶対的なルールですし、おとなしく従うのが得策でしょう。
ホント、高くてイヤになりますけどねぇ・・・

さてさて、1/23あたりから始まった円高への動き。
そこからは転がるように落ちていき、2月頭にはドル/円が101円を割るところまで下がってしまいました。
長期的には110円を目指して上がっていく、という予想を強気でプッシュしている僕としては、ヒヤリとする展開。。

しかし、やはり今の円安パワーは強い!

101円を一瞬割ったあたりから勢いを取り戻し、そこからはV字回復。
先週の米雇用統計の結果が良かったことも手伝い、現在では102円中盤まで上がってきました。

「たまたま米雇用統計が良かったからまた上がってきただけ」と捉える方もいらっしゃると思いますが、個人的にはそうではないと思っています。
この結果は、今現在が大きな円安の流れの中にいるからこその必然だと。

大きな円安の流れの中にいれば、結果的に円安に有利な経済指標が出やすい状況となります。
今がまさにそうで、つまり米雇用統計の好結果も必然であり、多少下がってもすぐに円安方向へ引き戻されるのです。
これこそが、「大きな円安の流れがある状態」ということの証だと思っています。

なので、今後も変わらず円安を軸に考え、買いメインの取引を進めていくのが吉でしょう。
前回のような、一時的に下がってくる時期を格好の押し目買いポイントだと割り切り、強気で攻めてOKかと。