【2009/3/13(金)】
たまには、僕の取引内容とその結果、そして取引を振り返って思ったことなどについて書いてみようかと思います。
つまり、当日記の初期のスタイル。
たまには昔の日記スタイルもいいかなぁ、と。。

昨日はトレードする予定がなかったものの、「ここまで下がってきたのなら・・・・」と思い、ドル/円にて96.27円で買ってみました。

まだまだ下がる可能性もあったし、とりあえず浅めにストップを入れとこうと思い、大した分析もしないまま「大体このへんで下げ止まるかな?」と感じた95円70銭に損切りラインを設定。

しかし、これがまさかの超裏目・・・・
なんと、95円66銭まで下がったところで止まり、ここから凄まじい急上昇。。。

つまり、設定した損切りラインにギリギリで引っ掛かってしまい、その後の大きな上昇をまるっと逃すハメに・・・・・

「大体95円70銭くらいまで下がる」・「その後は上がる」という予測を的中させながらの敗北。。

昨日、損切りの重要性を訴えるコンテンツをアップしたばかりですが、それを地でいく結果となりました。
やっぱ究極的に大事です、損切りって。

いやぁ、ここまで見事に相場に遊ばれている感じは久々ですね・・・
あと10銭だけ深めに損切りラインを設定しておけば、約6,000円のマイナスが20,000円オーバーの勝ちに変わっていたわけです。

原因は、大した分析もせずに値ごろ感で動き、大体で損切りを設定してしまったこと。
昨日の日記で書いた通り、昨日はトレードするつもりがなく、値ごろ感+大体の流れを見ての簡単な予測で動いてしまい、まともな分析はしていませんでした。

もっとしっかり分析・予測をしていれば、損切りラインの設定もミスらず、きっちりとこの取引をモノにできていたかもしれません。

・・・・・・・・まあ、相場に「~~かもしれない」はご法度なんですけどね。
それを言っちゃあなんでも通ってしまいますから。

要は、僕はまだまだ修行が足りないってことです。。
頑張りますっ!