【2014/11/19(水)】

驚きました。
心底びっくりしましたよ。。

もうタイムリーな話題じゃないですが、、、 消費増税先送り&衆院解散が決まりました。

安倍首相は、「消費税を上げるかどうかは7~9月期のGDPを見て判断する」と口酸っぱくおっしゃってましたが、実際その数値は年率換算でマイナス1.6%というかなりヤバい数値をマークしました。

それでもゴリ押しで上げるんだろうな、と思っていましたが・・・
まさか、本当に先送りにするとは・・・

僕は以前、「既定路線となっている消費増税を覆すことはありえない。なんだかんだで期限通りに実行する。」的なことをこの日記で書きました。
実際、ギリギリまでそう思ってました。

税金を上げるのって、とにかく凄まじい労力がいるわけですよ。

それを乗り越えて、法律化までして消費税を上げる体制を整えていたのに、これを覆すとは思ってもみませんでした。
まあ、「先送り」なので結局はやるつもりなんでしょうけど。
それにしても、先送りだけでもかなりのサプライズです。

しかし、ただ先送りしたんじゃ財務省も納得しないし世界に示しもつかない。
かつ、来年は集団的自衛権やらTPPやら原発再稼働やらと自民党にとってあまり明るいニュースはない。

だったらここで解散する方が、「自民党の延命」という点に関してはベストなタイミングだろうと。
消費税を上げないための解散、という名目なのですから、少なからず国民からの印象は良くなりますもんね。

いろいろな要素が上手い具合に重なって、突如解散に傾いていったんでしょうねぇ。
政治の世界は複雑です。。。

そして、そんな政治に影響されるのが為替。

現在、相も変わらず円安をひた走っております。
手堅く上がり続け、ついには117円50銭台ときましたよ・・・
今の値を見るたびに思いますが、まさかこんな時代がこんなに早く訪れるとは・・・

ってか、押し目買いポイントが掴めない・・・・・・

この日記で書いていたように、とりあえずドル/円が120円に到達するまでは円安に進み続ける可能性が高いと睨んでいました。

なので、一時的にガクっと下がって「ここで買えるなら美味しい!」というポイントがくるのを待っていたのですが、、、

肝心かなめのそのポイントが訪れません。。。

解散に向けて円安が続く可能性が高いと思いますし、高値掴みを覚悟しつつもそろそろ仕掛ける時期なのかもしれませんね。