【2009/3/30(月)】
景気悪化で、不動産価値もグングン下降する今。
この影響が、ついに宇宙にまで及んだとか・・・・?

月の土地などを販売する会社ルナエンバシーが、「月の土地の販売価格が20%下落」と述べたそうです。

国連加盟国は、宇宙で所有権を主張することが禁じられていますが、会社や個人が所有するのはOKのため、こんなサービスが可能となっています。

ちなみに、このサービスに対し、

「月の土地など買えるわけない。 勝手に売ってるだけで、なんの管理もされてない。 詐欺だ!」

と言っている人たちも結構いるようです。

解釈の違いですかね・・・・?
僕は全くそうは思わず、むしろ「面白いサービスだな」と感じていました。
実際買ったことありますし、プレゼントとして贈ったこともあります。

要は「ジョーク」なんですよね。
誰も本当に「月の土地を買えた。 将来値上がりして大金持ちになれるかも。」なんて思っていません。
「月の土地が買えた気分になる」というサービスを提供しているのです。

購入すると、権利書みたいなものと、月の土地所有カードみたいなものが送付されてきます。
これを知り合いなどにネタとして使ったり、自己満足に浸ったりするわけです。

それ以外には何の活用法もありませんが、個人的にはこういうふざけたアイデアは大好きです。

でも、こういうサービスが許せず、詐欺だと叫ぶ人もいる。
価値観っていうのは本当に人それぞれなんだなぁ、ということを改めて再確認しました。

●先週金曜日の相場状況(3/27の朝5:30~3/28の朝5:30)

年度末ということで、日本の企業や機関投資家たちの円買い(円買い戻し)が進んで、全面的に円高となった金曜日。

まずはドル/円。
99円に届くかというところから始まり、一時は97円を割るかというところまで下落。
が、21時頃から徐々に回復し、97円80銭で取引を終えています。

ユーロ/円。
各種経済指標が市場予測以上に悪い数値を叩いた他、ECB(ユーロ圏の中央銀行)が量的緩和を実施するという報道などもあったことで、大幅なユーロ安(円高)が進みました。

15時くらいまでは133円台後半に滞在していたのに、20時くらいまでにかけて130円を割ってしまうほどの大きな下落。

その後も大きな復活は見られず、結局130円ギリギリくらいで取引を終えています。

ポンド/円。
GDPが弱かったことなどが原因で、ユーロ同様大きく下落しました。

特に15時くらいからの下落が激しく、20時くらいまでにかけて4円近く下落(円高)。

140円をギリギリ超えたところで取引を終えています。

●今日の相場予測

ドル/円。
年度末の調整が入ったことで多少円高へ進みましたが、これから新年度に入るということもあり、盛り返してくるのではないかと思われます。

つまり、円安方向への動きが戻ってきそう、ということ。

上昇目処は、先週金曜の最高値だった98円80銭付近。

ユーロ/円。
ユーロにとっての悪材料が多かった金曜日の影響で、今日は多少下がっていく(円高に進んでいく)か揉み合うか、という展開になるかと思われます。

しかし、少し経てばまた上昇(円安)へ向かっていきそう。
よって、今週は買い目を探す週になるんじゃないかなぁ、と。

ポンド/円。
ユーロ同様、本日は上昇の目はなさそう。
多少下がるか、揉み合うか、といったところでしょう。

しかし、読みづらいのでとりあえず様子見で。