【2014/12/19(金)】

どうも!
相変わらずの円安戦線異状無しな感じに、「稀に見る簡単な相場が訪れているのではっ・・・」と一人勝手にワクワクしているクランキーです!

政権も日銀も、ともに円安・株高を目指しての共闘体制を長らく維持していますからね。
今回の自民圧勝も手伝って、今の方針はさらに盤石になったという感じでしょう。

今後も黒田総裁の元、日銀による異次元緩和は続行されるわけで、ということは当然円安は半ば強制的に継続するわけです。

市場関係者の中では、早くも「ドル/円が130円を突破する」という予測も飛び交っている模様。
確かに、今の状況なら当然の予測でしょうね。

もちろん僕も、円安がさらに進むという予測の元に対円通貨での買いオンリーで攻めるのが基本戦略です。
短期的には乱れても、中長期ならば対円通貨の買いはかなり安定するのではないでしょうか。

絶好の押し目買いポイントは、16日の夜でしたねぇ。。
円安が進むことがほぼ確実な今の状況で、ドル/円が115円台にまで下がってるんですから。。

ああ・・・これは逃したぁ・・・
逃した魚はデカい・・・
もっと相場に張り付いておけば・・・

時間との戦いになるのが、相場の難しいところ。
数時間後には、もう117円台まで上がってましたからね。

まあ、今の情勢なら、117円台でも充分買いですが。

本日12/19の18:00現在のドル/円は、119円30~40銭あたり。

しかし今の相場チャートの推移を見ると、また117円台くらいまで落ちてくるというタイミングが近々訪れそうな気もします。
次の押し目買いポイントとして非常に有力ですね。