【2015/2/17(火)】

どうも!
2月に入ってまだこの日記を更新していなかったことに気付き、思わずキョトンとしてしまったクランキーです。

「いやいや、お前がキョトンとしてどうする! キョトンとしたいのはこっちじゃい!」
・・・という、皆様からの的確かつ当然なお言葉をブラウザ越しにいただいたところで、言い訳タイム突入です。

いや、あの・・・
2月に入ってから何かとバタバタしていて、あまり相場に触れる機会がなく・・・

どうです?
あまりにストレートな言い訳に、逆にびっくりしたでしょう!?
「もうちょっとマシな理由を用意しといた方がよかったんじゃ?」と心配になったでしょう!?

でも、嘘はつきたくないんですっ!(ドン!)

・・・はい、カッコいい(?)こと言ったところでそろそろ本題へ。
どうでもいい前置きで行数稼いでる時点で、どれだけ相場ネタがなかったのかが窺い知れるでしょう。。。

 

まずは、答え合わせからですかね。
前回の僕の日記から引用します。

>(ドル/円が)まるで意思を持ったかのように、綺麗に117円20銭~118円90銭あたりをウロウロしていますよね。

~中略~

>あとは、このレンジがどちらに崩れるか。
>上(円安)に突き抜けるのか、下(円高)へ突き抜けるのか。

>個人的には、米国経済がまだ健在&日本も株高に必死という構図から、なんだかんだで上に抜けると予想しています。

>なので基本戦略としては・・・

>「117円前半になったら買い、118円中盤くらいで売る。 ただし、上に抜けることも考慮してある程度買いポジションを残しておいても面白いかも。」

>・・・という感じです。

ということで、結果的には、我ながらまあまあ良い予測だったかな?と自画自賛しております!
・・・ええっと、、、 偉そうなこと書いてスミマセン。。。

まず、117円前半を割ることはほぼ無く、117円前半あたりで買って少し上がったら買う、という戦略ならばある程度の結果を出せていたと思います。
「レンジを抜けるとすれば上へ」というのもなんとか的中してくれたなぁ、と。。。

そして、2/6(金)の米雇用統計発表後は、117円30銭あたりから119円10銭あたりまでズドーン!と上がっており、これをモノにした方も多くいらっしゃるでしょう。

単純に考えると、これは「単に雇用統計が良かっただけという結果論」などと思われてしまうかもしれません。
しかしそういうことではなく、今は円安に進む土壌があるのだから、その戦略をメインに据えて立ち回っている人がここでしっかり結果を残せたというのは必然だと思っています。

そして、本日18時時点でのドル/円相場は118円70銭あたり。
チャートを見ている限り、下限ラインが底上げされている印象です。

こうなってくると、一旦118円を損切りラインとして、強気で買いを入れていってもよい場面かと。

利益確定ラインは、とりあえず120円手前くらいですかね。
やはり、「120円」という大きな節目は心理的にも影響が出やすいライン。
ここらで売っておこう、という気持ちになる投資家も多いでしょうから、上昇がストップするポイントとしては有力です。

と、今回はとりあえず以上です!

ここからはまたしっかりと相場を観察し、更新頻度も高めていこうと思いますので、懲りずにまた覗きに来ていただけますとありがたいですっ!