【2015/6/18(木)】

アメリカの金融政策を決定するFOMC。
ここでの決定が、今後の利上げペースについてやや下がった印象のあるものだったことから、ドル/円は約1円50銭という大きな下落が発生しました。

しかし、これはドル/円における絶好の押し目買いポイント到来です。

現在、午後1時。
僕もすぐに動きました。

ここ最近堅調なドル/円。
日本の株高も健在ですし、ここからまた円安方向へ盛り返す可能性は高いと見ています。

そんな中でここまで大きく下がってくれたのですから、ここは攻めるべきだろう、と。

ユーロを見てみると、ギリシャ不安があるためかパッとせず。
どっちつかずで手を出しづらい印象ですね。

ポンドは・・・いやいや、拍手喝采ですよ。。。
まさに一人勝ちの状況。

現在のポンド/円は既に195円台と、いよいよ200円の大台も見えてきました。

ポンド/円、ここ2か月間は安定して上がり続けてますからねぇ。
この快進撃は、200円あたりまでは続くのではないかと見ています。

問題は、200円に届きそうになった時・・・

ここでバチコーンっと跳ね返されたり、さんざんもみ合う展開になったり、という可能性は十分に考えられます。
200円手前は要注意ですね。
まあ、このままポンド/円が上がり続ければ、の話ですが。。

とりあえず、今はドル/円が攻めやすい状況にあるかな、と思っています。
利幅を取りづらく、おとなしい勝負になりやすいドル/円ですが、ポテンヒットを重ねていくことも大事かと。