【2015/8/3(月)】

どうも!
いい加減この暑さをどうにかしてほしいと切に願っているクランキーです。。。

ホント、どこまで暑くなるんでしょうか・・・
昼間に出歩いている人の数が尋常じゃなく少ない・・・

さてさて、いかに暑かろうと為替相場は変わらず元気。
FXに勤しむ者としては、変わらず相場と向き合う必要があるわけで。。

まずはギリシャ問題。
ギリシャの証券取引所が再開したことで、一時的にユーロが上がってくる局面もありましたが、所詮は「ギリシャは爆弾を抱えたままの状態」という世間の認識は変わりません。
またいつどこで爆発するのかわからない爆弾を抱えているようでは、安心などできませんよね。。

ということで、そんな投資家の心理状態を素直に反映してか、すぐさま下がって小康状態となっています。
実際、今のユーロ絡みの通貨に手を出すのはかなりリスキーかな、と思っています。

今の段階ならば、比較的素直に動いているドル/円に絞るのが無難かもしれません。
ギリシャ情勢などに多少の影響を受けつつも、概ね円安方向へ安定的に動いているという印象ですので。

押し目買いのラインを123円50銭に、損切りラインを123円に、という形で見ておけば、まあ大怪我はせずに比較的安全に闘えるのかなと思っています。