【2015/11/18(水)】

どうも!
2歳の娘による反旗の翻し方がなかなか厳しく、成長を待つ日々に突入しているクランキーです。

『魔の2歳児』とはよく言ったもので、何かにつけて「イヤ!!」と繰り出されます。。。

娘 「お腹空いた~パン食べたい~」
僕 「いいよ、食パンにジャムでいい?」
娘 「イヤ!!」
僕 「・・・じゃあ、コンビニで買っておいたこのパン(甘い菓子パン)は?」
娘 「イヤ!!」
僕 「ほかにパンはないよ! どうするの!?」
娘 「うどんがいいのーー!!」

一事が万事、こんな感じです。。。
パンへの情熱、どこへいった・・・・・・

まあ、なんだかんだ言いながら、この子供特有の理不尽な時期は今しか味わえませんからね。
存分に楽しもうと思います!

さてさて、それではタイトル通り先週の予測の答え合わせをば。

>●ドル/円
>122円中盤あたりまで下がってくるようなことがあれば、とりあえず買いに走ってみるのも面白かなと検討中。

今のところ、122円中盤あたりを下限ラインとして底堅く動いている印象です。
若干割り込むシーンもありますが、122円を損切りラインとして買いで動いておけば、とりあえずは立ち回れそうですね。
ただ、123円50銭あたりで二度跳ね返されているので、ここらへんまで上がったら一旦決済してしまった方がよいかもしれません。

>●豪ドル/円
>88円中盤あたりに壁がありそうだが、ここを突破すれば青天井で上がってくる可能性あり。
>スワップ金利も高いし、買いで動ければ万々歳。

やはり88円の壁は厚いですね。
二度跳ね返され、なかなか超えそうにありません。
今のところ、ドル/円と連動している形でしょうか。
ドル/円が123円50銭を超え、豪ドル/円も88円を超えてきたら、これらの通貨の円安方向への力は強まってきそうです。

>●ポンド/円
>180円を底堅いラインとしつつ、上昇傾向にあり。
>188円がひとまずの壁となるが、ここを超えれば190円台も見えてくる。
>188円超えを確認できたら買って、187円中盤あたりを損切りラインとして気長に持ち続ける方向で動きたい。

同じく、壁となっている188円のラインを超えられず。
「ドル/円」・「豪ドル/円」・「ポンド/円」ともに、それぞれ壁となるラインをなかなか超えられないという特徴があるのが面白いところですね。
それぞれが超えてくれば、一気呵成に円安へ、なんていう展開もあるかもしれません。

>●カナダドル/円
>93円を安定的に超えてくればチャンスあり、といったところか。

えーっと、、、
同じことを繰り返すだけで申し訳ないのですが、こちらも壁となってる93円を超えられず。
上記3通貨ペア同様の立ち回りでよろしいかと。。。

で、「ユーロ/円」と「ニュージーランドドル/円」は相変わらず円高基調。
買いには走りづらい状況です。

この2通貨ペア以外は、買いメインでの立ち回りが無難でしょう。