【2016/1/13(水)】

年明けから右肩下がりな展開となっている各対円通貨。
僕が普段メインで狙っているドル/円、ポンド/円、豪ドル/円は、大体同じような波形を描いています。

そして共通しているのは、「どの対円通貨ペアも、1/11(月)に底を打った感がある」ということ。

ドル/円は116円中盤。
ポンド/円は169円中盤。
豪ドル/円は81円。

今年に入ってから、2日と空けずに底値を更新していったのに、いずれも丸2日以上底値更新が無くなったことを鑑みると、ここらで一旦買いに動いても良いのではないかと考えています。

とはいえ、まだまだ円高圧力もありそうなので、強気な買いは危険ですが。

上記の底値ライン付近まで下がってくる機会があれば、手を出してみようと思います。
もちろん、浅めの損切り設定を忘れずに。。。

もしくは、今年の始値を超えてくるくらいの円安の流れが出来上がった場合も、買いに転ずる一つのタイミングかなと思っています。