【2016/2/1(月)】
円高株安が進んでいたここ最近。
しかし・・・

アベノミクスによる株高が政権の拠り所となっている安倍政権&日銀のタッグは、この円高株安の流れを食い止めるべく、ついに日本初となる「マイナス金利」を発動させましたね。

これにより、みずほ銀行やら三井住友銀行やらといった各銀行は、日銀にお金を預けるたびに、せっかく預けているってのに逆に金利を支払うことになります。

今までは、少ないとはいえ、日銀にお金を預ければ一応金利がついていました。
わずかながらでも、プラスになっていたわけです。
しかし今後は、各銀行が日銀に、預ければ預けるだけ損をするという仕組みに。

元々、一般預金者のお金を守るためにも、各銀行ともにある一定量は日銀に預けなければいけない決まりがあるみたいですが、その「一定量」以上であろうとも、少ないとはいえ一応金利がつくわけですから、ほったらかしにしておくよりは日銀に預けておく方が銀行として安全だったわけです。
・・・今までは。

しかしこのマイナス金利導入により、日銀に余分にお金を預ければ、ジワジワと確実に損をすることになります。

となると、各銀行ともに日銀に預けるよりは他の会社や機関に融資・投資をした方がよいということになります。
だって、今まで通り日銀に預けてたら、100%損をするんですから。
100%損をするくらいなら、わずかでも可能性のあるところに懸けてみるべきですよね。

厳密に言うと、企業や機関への融資・投資は元本割れがうんたらかんたらとかいろいろありますが、それでも、今までよりは融資・投資にお金が流れやすくなるわけです。

その結果、お金の循環は従来よりも良くなり、経済活性化へと繋がっていきます。
・・・理論的には。

しかし、既にマイナス金利導入を試したことがある国で、特に物価上昇には繋がらなかったという事例もあるようで、どうなるかはまだまだ玉虫色。
軽々に動くべきではありません。

ところが市場は、理論上は経済効果がありそうな策なわけですから、早速敏感に反応して円安株高が進んでいます。

これを書いている本日21時時点で、ドル/円が121円を安定的に超えてきてますからね。
120円超えですら、約一か月ぶりです。
もちろん、その他の対円通貨もグングン上がっています。

で、これらを踏まえた上での立ち回りですが、、、

今のところ、「反動が怖い」というのが正直なところです。

欧米で失敗例があるような、今後どうなるかもわからない「マイナス金利」という施策に対し、ここまで急激に上がるのも不自然な気がします。

もちろん、すんなりと上手く回って円安株高へと動くのかもしれませんが、まずは様子を見るべきではないかな、と。

個人的には、どこかで反転して一旦ガクンと円高に向かうのではないかと予想しています。
それがどこらへんかは書きづらいですが。。。

とりあえず僕は、今の不自然な上昇には乗らず、様子見を貫こうと思っています。