【2017/5/11(木)】
3ヶ月の時を経て更新されるFX日記、ここにありっ!!

・・・どうも。
めちゃくちゃ更新期間が空いたことを、なんとかカッコつけられないかと苦慮した結果、よくわからない出だしにて始まった久方ぶりのFX日記でございます。。。

いや、あれなんですよ。
諸々の事情からほとんどFXに触れられなかった日々を過ごしていた身として、のうのうと相場だけ見てウダウダ語るとかよろしくないじゃないですか。

なので、思うところはありつつも、なんとなくスルーし続けた結果、気付けばGWすら過ぎていた・・・という有様でございました。。。

でも!!
いい加減モノ申したいと言いますか、相場について絡んでいきたいと言いますか、そんな欲求がスパークしてしまったので、自由気ままに書かせていただければと。。。

どうなることやらと戦々恐々だったトランプ相場。
蓋を開けてみれば、日経平均は上がるは円安は進むはで、正直日本経済にとってはプラスな要素の方が全然多いという印象。
・・・あくまで今のところは、ですが。

これは意外でしたね。
もっと大荒れになるかと思いきや。。。

で、ドル/円の動きを見てみても、4月中旬から現在まで円安一辺倒。
108円前半から114円まで、よどみなく上がっています。
ドル/円でのここまでの上昇は、なかなかの規模です。

なお、これはドル/円のみにあらず。
多少の差はあれど、ほとんどすべての対円通貨ペアにおいて、同じような動きをしているんですよね。

豪ドル/円とニュージーランド/円がやや乱高下がある程度で、あとはわりかし綺麗に円安一辺倒。

とにかく、「対円通貨で買ってさえいればまあ負けない」というような相場状況。

北朝鮮を巡る情勢など、いわゆる「地政学的リスク」といった不確定要素はあるものの、なかなか盤石な流れにあると思うので、動くのならば「対円通貨における買い」に偏ってしまって全く問題ないと思っています。
僕が動くのならば絶対にそうします。

ただ、前述の通り今はなかなか相場に集中できない時期でして・・・
もどかしい・・・・・・

バシバシ仕掛けていけるような時が早く訪れるよう、心して日々仕事に取り組みたいと思いますっ!!