【2019/2/18(月)】
どうも!

10歳の息子が、

「僕、もう反抗期だから!! 悪(ワル)になるから!!」

と言い放ち、普段は21時半までには布団に入っていたところ、22時に布団に入るように心掛けている息子に苦笑いが止まらないクランキーです。

いや、ワルのハードル。。。
そもそも、一人称が「僕」の時点で。。。

さてさて、、、

前回、豪快に読みをハズしたことを自分自身でイジっていた僕ですが、さすがに今回は自信がありました。

>今度こそ、111円序盤~中盤当たりで円高方向へ跳ね返されるんじゃないかと予想しております。

先週木曜日に、ドル/円についてこう書きましたが、ものの見事に急降下!


※チャートは、僕がメインで使っているGMOクリック証券【FXネオ】のもの

まあ、111円中盤の壁を突破するにはかなり厳しい感じでしたしね。
ドヤ顔するほどのことではないのですが。

そして注目すべきは、110円前半で下げ止まって、再びジワジワと上がり始めていること。
やはり、長い目で見ると円安の流れにあるのかなと。
日本政府としても、円安基調に持って行きたいのはやまやまでしょうし。

お金を刷りまくって日本株を買って株価を上げて・・・という、アベノミクスという名の「こんなことすりゃ株価上がって当然でしょ」という実態なき政策。
そのおかげで、見せかけの株価だけは良い感じです。

ダメな絵をダメだとわかりつつも、あえて高額で買い続ける人たちがいれば、その絵の価値は上がります。
アベノミクスとは、要はそういうことなので、安倍首相がそれを続ける限り株価は安定し続けるでしょう。

ただ、それをもって「景気が良くなった」と言っている与党に寒気がするのは、きっと僕だけじゃないはず。
そして、そんな与党に対抗できる野党が皆無なことにもっと寒気がするのも、僕だけじゃないはず。

・・・って、そんな政治云々はどうでもいい話でしたね。。。

とにかく、とりあえずまだ株価は安定しそうなので、円安も続く可能性が高いのかなと。
日本の場合、「日経平均株価が上がる=円安」というのが基本なので。(最近わりと例外もありますが)

アベノミクス(=強引にお金刷って日本株を買いまくる戦略)をやめた時が円高に傾く時でしょうから、その時までは長期的には円安の立ち回りでいいと思います。

そして、中短期的には、テクニカルでチャートの上限・下限を見つつ売りに走る、と。

・・・以上、ちょっと角ハイボールを多めにやりすぎたクランキーがお届け致しました。。。