【2019/6/7(金)】
いやぁ、一時はどうなるかと思いました・・・
ドル/円、まさかの108円割れなんていうヤンチャなことしてくれちゃったおかげで、色々なものを見失いかけました。。。

しかしようやくここへ来て安定飛行に入ったのか、やや持ち直し気味。
相変わらず108円台前半~中盤をウロウロするという危なっかしい運転ではありますが、なんとか墜落せずに耐えている感じ。

このレンジを利用して、両建てで売りをしかけて少し利益をもぎ取ったりという苦し紛れの立ち回りをしつつ、とにかく円安が来るのを耐え忍んでおります。。。

いろいろ怖い面はあるんですけどね。
アメリカの利下げ観測だったり。
米中の貿易問題だったり。
トランプさんのドル安誘導だったり。

しかし、賛成はできないものの、とにかくお金刷って株高にしてやろうという魂胆のアベノミクスを考えると、どこかで円安へと向かう部分も出てきそうな気がするんですよね。
テクニカル指標である「MACD」でも、相変わらず『売られ過ぎ』になっていますし。
悩ましいなぁ。

 

・・・なんて思うんですけど、今日はひとまず置いておくべきですよね。
何せ、最重要経済指標である『米雇用統計』が、本日21:30に待ち受けているのですから。。。

今日のもみ合いは、米雇用統計を見越しての様子見によるものであることは明らか。
嵐の前の静けさで、米雇用統計前はこんな小動きになることが多いもの。

今回は、僕もちょっと勝負に出てみようかと思っています。
米雇用統計発表時に使われる手法である、『両建てで可能な限り利益をもぎとっちゃおう作戦』です。

最重要指標という事で、発表時にはとにかく値が乱高下することが多い。
そこを利用して、あらかじめポジションを仕込んでおいて、ガクンと上がったら売り、ガクンと下がったら買い戻す、を繰り返す作戦です。

非常にリスキーなので普段ならやりませんが、4万通貨分のまだまだ陽の目を見そうにない買いポジションがあるため、やむを得ず、という感じです。
両建てなら証拠金も減らないので。

さてさて、どうなるのか・・・
というか、21:30前に忘れてなければいいのですが・・・
一応タイマーもかけているのですが、晩酌後はうっかりスルーすることもあるので。。。