【2011/1/22(土)】
改めて、FX的に今後の相場状況はどうなっていくのか、ちょっと考えてみました。

内閣改造が行なわれ、今回新たに経済財政相に就いた与謝野さん。

与謝野さんは消費税増税路線の人。
要職に就いたこの人の主張は大きな影響を与えると思うので、今後消費税アップの方向へ傾いていく可能性は高いです・・・

そして、初めて消費税が導入された時、そして消費税が5%にアップされた時、これらの時はいずれも円安方向へ進んでいます。

ということは、今後消費税アップへ傾いていけば、徐々に円安方向へ動きが強まっていき、さらにいざ実際にアップとなれば、本格的な円安トレンドへと移行していく、そんな図式が成り立つのかもしれません。

・・・まあ、消費税は凄くデリケートな問題ゆえ、そう簡単に上げたりはできないでしょうから、上記のような展開になるとしてもまだまだ先のこと。

それよりも、まずは目先のことですよね。

特に僕的には、今注目しているポンド/円がどうなるのか。
今の堅調ぶりをどこまで持続させられるのか。

中長期的には、134円あたりが一つの山だと思っています。
ここを超えてくることができれば、「強いポンド」が形成されてきそうです。