【2011/2/11(金)】
昨日の取引について。

タイミングを見て売りを仕掛けようと窺うも、どうにもはっきりしない動きを繰り返す豪ドル/円。
相変わらず、なかなか手を出せずにいました。

うーん・・・このままじゃ埒が明かない。
どうにかならないものか。

そんな苦悩の中、夜21:00に発表された重要経済指標「イギリス政策金利」。
結果的に0.5%据え置きとなったものの、ここからグングン上方向へ伸びるポンド/円。

今まで132円80銭~133円あたりまで上がってくると跳ね返される、という動きを繰り返していたポンド/円ですが、英政策金利発表後はこのくすぶっていたゾーンをスコーンっと抜け、133円20銭も突破。

「相場の壁となっていたゾーンを抜けたことだし、もうしばらく上昇しそうだ」と予想し、ここですかさず買いに走る僕。
買った値は133円30銭で、3万通貨分。

すると、、、

無事そのまま上昇を続け、134円まで突っ走ってくれました。
よし!

134円あたりまで上がったところで、変に粘らずサクっと手仕舞い。
134円2銭にて決済しました。

過去、134円前半で何度か跳ね返されているので、ここらに壁があるのかな、ということで。

134円2銭 - 133円30銭 = 72銭の勝ち。
3万通貨買っていたので、30,000 × 0.72 = 21,600円のプラス。

しぶとく狙ってきた豪ドル/円ではなく、パッと目についたポンド/円での今回の勝利。
まあ、得てしてこういうものだったりするんですよね。。

≪収支≫
ポンド/円(3万通貨・買い) : プラス21,600円