【2011/6/2(木)】
現在、15:30。

内閣不信任案、結局否決されちゃいましたね・・・・・・
今日の午前中までは、可決の可能性も充分あったのですが・・・・・・

今回の内閣不信任案、僕も当然気になっていたので、朝から不信任案否決に至る先程まで、テレビに張り付いて観ていました。

被災地問題や原発問題、税の問題などに大きく関わってくるわけですから。
あと、FX的にも、相場に影響を及ぼす可能性がありますし。

諸々含め、気にならないわけがありません。。

が、結果はご存知の通り否決。
菅内閣続投となってしまいました。

やっぱり、代議士会での菅・鳩山のやりとりは大きかったですよね。
あんなことされては、造反もしにくいでしょう。

しかも菅首相は、「不信任案可決なら解散総選挙」という、これまたふざけたことを周りに吹聴していたようですし。

この脅し文句はヒドいです。
この状況で、選挙なんてできるわけありませんから。

政治家たちだって困るし、何より被災地の方々のことを考えればそんなことをやっている場合じゃありません。

これで、またしばらく菅内閣が続いていくことになるのでしょう。

「震災対応について一定の目途がつけば、若い人たちに責任を引き継いでいく」みたいな言い方してましたが、こんなの、どう読み取ったって続投表明ですからね。

緊急ニュースで「辞意表明!」なんて流れてましたが、なんでそんな解釈になるのか不思議です。

「震災対応に一定の目途」ってことは、本人が「まだ一定の目途がついたとは思っていない」と言い続ければ、いつまででも首相の座に居座り続けることができますから。

もちろん、首相が変わればすべてが好転するとは思っていません。
でも、国民からも野党からも、味方であるはずの与党内からも人望がない人がトップにいたのでは、良い政治なんてできる可能性はゼロですから。

トップが変われば、少しはマシになるのでは?という気がします。

さてさて、肝心の相場への影響ですが、、、

全くといっていいほど影響はありませんでした。
「否決確実」がわかってきた昼過ぎ頃から、やや円安方向へ動いた程度。

今後どう動いていくのかイマイチ見えてこないので、もう少し様子を見ようと思います。