サイト名の通り、このサイトでは主に「FX超初心者さん」・「FX初心者さん」を対象としております。

ということで、FXの口座開設や実際の取引などについて解説していく前に、まずは「そもそもFXって?」という方のために、FXについての基本や仕組みについて軽くご説明していこうと思います!

FXとは

FXとは、為替(かわせ)の変動を利用して利益を得る、という外貨金融商品の一つ。
「外国為替証拠金取引」・「通貨証拠金取引」・「外国為替保証金取引」とも呼ばれます。

外貨預金などの他の金融商品と比べるとメリットが多く、ちょっとしたお小遣い稼ぎから、時には大きな利益を手に入れることもできるということで、2005年あたりからその人気は過熱していきました。

FXが流行しだした当時、普通の主婦が「FXで稼いだ4億円を脱税した」というニュースなどが話題を呼んだことをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

「でも、為替の変動で利益を得る、なんて言われてもよくわからないし・・・」

FXのことを全く知らない場合、こんな疑問も沸いてくるでしょう。

確かに、一見複雑そうに見えるかもしれません。
しかしこのサイトを読んでいくにつれて、そんな印象も解消されていくことでしょう。
仕組み自体は非常に単純です。

FX取引での利益

FX取引で利益を得る方法は、主に以下の二つ。

FXで利益を得る方法

■日々の為替変動によって得られる「為替差益」
■毎日もらえる金利収入である「スワップ金利」

そしてこの二つのうち、利益を得る方法のメインとなってくるのが「為替差益」

ということで、まずは為替変動によって利益が得られる仕組みについて解説します。
スワップ金利による利益については、「スワップ金利による利益」にて扱っていきます。

「為替変動」で利益が得られる仕組み

「為替(かわせ)」という言葉を使ってしまうと、聞きなれない方にとっては拒否反応が出てしまうかもしれませんが、、、

実は、そんなに難しいことではありません。
為替とは、異なる通貨同士を交換する取引のことで、ドルと円の交換、ポンドとドルの交換、などのことを指します。

海外旅行に行く時、日本円を旅行先の通貨と交換しますよね?
これも為替です。
最も身近な為替の例と言えるでしょう。

そして、異なる通貨同士を交換する際の交換レートのことを「為替相場」と呼びます。
例えば、米ドル(アメリカドル)を1ドル手に入れるのに何円必要か、という相場のことです。

FXでは、この為替相場を活用して利益を上げていくのです。

では、具体的にどのように為替相場を利用して利益を得るのか?
これについて一言で表すならば・・・

「安く買った通貨を高く売る」

もしくは、

「高く売った通貨を安く買い戻す」

ということになります。

為替相場は刻一刻と変化する

為替相場は、常に変動しています。
それこそ、1秒も経たないうちに目まぐるしく変化しているのです。

「1ドル=98円」だった相場が、次の日には「1ドル=100円」に変動していることもあります。

この場合で言うと、「1ドル=98円」だった時に1ドル買っておき、「1ドル=100円」になった時に購入した1ドルを売ると、2円の為替差益が出ますよね?(手数料などは一旦無視した場合)

・・・と、このように説明しても、為替相場で考えると慣れないうちは混乱してしまうかもしれません。
しかし、モノで例えればわかりやすいと思います。

上記の例は、要するに「自分が98円で買ったボールペンを、友人のAさんに100円で売る」ということと同じです。

またFXでは、「買い」からではなく「外貨の売り」から入ることもできます。
「1ドル=100円」の時にドルを売っておき、「1ドル=98円」になった時にドルを買い戻すのです。

これもモノに例えると、「自分のボールペンをAさんに100円で売り、その後Aさんから98円で買い戻す」ということ。
こちらも、きっちり2円の利益が出ますよね?

ボールペンなどの「物の値段」と違い、「通貨の値段」は刻一刻と変化していきます。
高くなったり安くなったり。

こうした相場の変動(=通貨の値段の変動)を利用することで、FX取引にて利益を得ることが可能となります。