かつてFX(外国為替証拠金取引)は、指定された銀行しかその業務を扱えず、一般の企業が参加することは法律で厳しく制限されていました。

当時の一般の人たちにとっては、FXなどという存在は未知なるものか、知っててもそう軽々と参加できない存在だったのです。

それはそうですよね。

いきなり

「為替相場で稼げますよー」

と言われても、

「はぁー??」

となるのが当然でしょうから・・・
そもそも当時は、どうやって始めればいいのかなどの情報が少なすぎました。

しかし、1998年の外為法(外国為替及び外国貿易法)改正を受け、一般企業でもFX業務の取扱いができるようになり、これを受けて個人でもFX取引が行なえるようになりました。

とはいえ、一般に開放された当初はまだ法整備があまく、どんな業者でも簡単に参加できていたという問題があり、当時は悪質な業者が後を絶ちませんでした・・・
強引でしつこい勧誘を繰り返したり、顧客の利益など無視して「とにかくたくさん取引しろ」と勧めたり・・・

もう、それこそ「何でもアリ」の世界だったようです。
この頃FXと出会った人たちにとっては、FXに対して悪いイメージしか持っていないでしょう。

悲しいことに、どんなものでも、最初は悪い人たちがはびこるものです・・・
それだけに、どんなジャンルであろうと、流行り始めのものには注意が必要ですよね。
仮想通貨のように。

話を戻しますと・・・

こうしたFX普及初期のトラブル多発を受け、2005年に再度法整備が行なわれ、金融庁による悪質な業者に対しての厳しい取締りが行なわれました。
これにより悪質業者たちは徐々に潰れていき、2006~2007年あたりからは、あからさまな悪質・悪徳業者は激減しています。

悪質・悪徳業者の取り締まりは現在進行形で進められているため、年を追うごとに悪徳業者は生き残れなくなっていくでしょう。
2019年現在では、ほぼ絶滅したと言ってもいいくらい。

少なくとも、当サイトに載っているような大手口座は間違いなく安心です。
悪質な行為でお金を搾取してくる、などということはありえません。
取引に失敗してマイナスを喰うことはもちろんありますが・・・><

そもそも、今やあくどい業者などはもちろん、サービスの質が悪いような会社もどんどん淘汰されていってます。
結構な数のFX口座がありますからね。

今は、優良FX口座同士でしのぎを削って、いかに優れたサービスを提供できるかで競い合い、顧客に選んでもらおうと必死な状態ですから。

こういう状況は、我ら顧客側にとっては好ましい展開。
各企業が切磋琢磨してくれることで、我々はよりレベルの高い・使いやすいサービスを受けられるようになっていくのですから。

当時は目新しかったFX市場ですが、2007~2008年頃から爆発的な広がりを見せ、今でも伸び続けています。

この状況を鑑みるに、今後ももっともっとメジャーな金融商品として成長していくでしょう。