ここでは、FXで利益を得るためのもう一つの存在、「スワップ金利(スワップポイント)」について解説していきます。

外貨を持っておくだけで毎日入ってくる金利収入、それがスワップ金利。
その正体とは?

スワップ金利とは

スワップ金利とは、各国の通貨の金利差から生じる利益のこと。

仮に、米ドルの年利が4.2%、日本円の年利が0.2%だったとします。
この場合の金利差は、「4.2 - 0.2」で4.0%となりますよね?

この4.0%という数字をスワップ金利と呼び、金利の低い日本円で、金利の高い米ドルを買った場合、元金に対して毎日年利4.0%分の金利を得ることができるのです。

金利差によって生まれる利益のため、金利の差が大きければ大きいほどスワップ金利も多くなります。

長期的な投資に向いている「スワップ金利狙い」

スワップ金利狙いの投資法は、為替差益狙いよりもリスクが低いとされています。

為替差益狙いの取引は、一回一回が勝負。
どこで買ってどこで売るか、どの通貨を攻めるか、などを都度決めていく必要があります。

しかしスワップ金利狙いならば、「スワップ金利の高い通貨ペア」と「スワップ金利の高いFX口座」を選ぶだけ。
一度取引したら、あとは長期的に保有しておけばいいのです。

もちろん、スワップ金利狙いにもリスクは付いてくるのですが・・・
せっかく毎日スワップ金利が入ってきても、それ以上に為替差益でマイナスになってしまう、なんてことも普通にありえますので。

為替差益狙い同様、「どの通貨ペアを選ぶか?」というのは重要になってきます。
ただ、為替差益狙いオンリーよりはリスクが抑えられる、ということは確かでしょう。

毎日、大体どれくらいのスワップ金利がもらえる?

金利収入として毎日もらえるスワップ金利。
それでは実際に、毎日どれくらいの金額をもらうことができるのか?

以下に、目安として「一日あたりにもらえる主要国のスワップ金利」を記しておきます。

スワップ金利は日によって変動しますし、FX口座によっても変わってきますが、大体以下のような金額になります。

《各主要国の一日あたりに手に入るスワップ金利比較》

※2019年3月現在、日本円で外貨を1万通貨分買った場合
※南アフリカランドのみ、10万通貨分

●米ドル : 約70円
●ユーロ : 約-10円
●英ポンド : 約35円
●豪ドル : 約30円
●ニュージーランドドル : 約30円
●南アフリカランド : 約100円

ご覧の通り、日本円で米ドルを1万通貨分買っておけば、毎日約70円の金利収入となります。
10万通貨分ならば、毎日約700円!
もちろん、10万通貨ともなれば為替差益も大きく動くので、そのあたりは要注意ですが。

ちなみに上記の一覧は、日本円で外貨を買った場合」なので、日本円よりも金利が低い通貨を買ってしまうと、スワップ金利は逆にマイナスとなってしまいます。

今ですと、上記の通り「ユーロ」がそれにあたりますね。
日本円でユーロを買う、つまり「ユーロ/円」という通貨ペアを買うと、日々約10円ずつマイナスを喰らいます。

為替相場同様、金利も変化していきますので、スワップ金利狙いの投資をする場合は要注意です。
まあ、秒単位で変わる為替相場とは違い、金利の場合は変わるとしても早くて数か月単位ですが。

スワップ金利の高いFX口座

スワップ金利は、通貨の金利の違いだけでなく、どのFX口座で取引するかによっても違ってきます。

同じ通貨ペアを買っているのに、もらえるスワップ金利が倍くらい違う、なんてことも。。。

なので、FX口座選びは非常に重要です。

スワップ金利が高いFX口座は、以下のような口座になります。

毎日確実に手に入るスワップ金利。
これを効率よく得るには、スワップ金利が高い業者を選ぶべきです。

為替差益だけでなく、高いスワップ金利も狙っていきたいという場合は、上記のようなFX口座がオススメです。