「FX必敗法」というコンテンツタイトルを見て、

「なんでわざわざ負けるための戦略なんか書くんだ!」

とお思いの人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、必敗法を知ることも必勝法の一つなのです。
なぜならば、「これをやれば負ける」ということを知っておけば、それをやらないように気をつけて負けないようにしますよね?
ということは、「負けにくくなる=勝率を高めることができる」の図式が成り立つわけです。

それでは、以下にFX必敗法のいくつかを列挙していきます。

負けた分を取り戻そうと無理矢理トレードする

皆さんはFX取引でマイナスを叩いてしまった時、どんな気持ちになるでしょうか?
人間なのですから、マイナスを喰らえば多かれ少なかれ頭にきたり落ち込んだりしてしまいますよね。

そこまでは特に問題ありません。
FXは、全取引で勝つことなど不可能ですし、そんな人間は存在しません。
そして、別に全勝する必要などないのです。

大事なのは、負けてしまった後の行動。

「くそっ! 負けた! 今日中になんとか取り返してやる!」

こんなことを考えながら再度取引に挑戦する行為は、絶対にやめてください。
感情に任せての取引は、最も危険です。

少しでも冷静さを欠いている時は取引を避けるべき。
感情に任せた取引で良い結果を生むことはほとんどありません。

仮にそれで結果が出たとしても、それは一時的なもの。
むしろ、「おお、なんとかなった!」という悪い前例が身についてしまい、その後も「意地になって取り返そうとする」という悪い癖が抜けなくなってしまいます。

取引するのは、冷静に判断できる時に限ること。
特に大きく負けた直後は、たとえどんなに美味しそうな相場状況に思えても、一呼吸置いて間を空けるようにしてください。

なんとなくで取引単位を上下させる

例えば、相場が上がると予想して1万通貨で買いポジションを建てたとします。
そして、予想通り相場が上昇し、結果200pipsの差益を得た。
1万通貨の取引なので差益はプラス2万円。

こういった時、以下のような考えに陥ることがあります。

「ああ、1万通貨じゃなく5万通貨分買っていれば、2万円の5倍だから10万円のプラスだったのかぁ・・・・ くそ! よし、じゃあ次は5万通貨でやってやる!」

これは、絶対に避けなければいけない行動。

1万通貨から5万通貨へ取引単位を上げれば、確かに利益は5倍に増えますが、同時にリスクも5倍に増えます。

確固たる相場予測に基づいて取引単位を上げるのならばよいのですが、単に上記のような感情論に流されたり、ただなんとなくで取引単位を上げてしまうのは愚の骨頂。

取引単位を変えるのは、

「手持ち資金が増えてきたから取引単位を上げよう」
「チャートを見るに、ここから上昇していく可能性はかなり高いから大きく取引しよう」

などといった、根拠が明確な場合だけにしましょう。

使ってはいけないお金を投資にまわす

投資は、必ず余剰資金で行なうというのがセオリー。

なぜならば、借金や生活費などの「失ってはいけないお金」を元に投資を始めてしまうと、絶対に負けられないという焦り・プレッシャーから、取り返しの付かない判断ミスが発生してしまう可能性があるからです。

「余剰資金が5万円しかない。 でも、どうせやるなら大きなリターンが得られるように多めの資金で始めたい。 だから生活費も投資に回してしまおう。」

というような考えにとらわれることもあるかもしれませんが、そこはグッとこらえて、余剰資金の範囲内で済ませられるようにしてください。

投資は、「心の余裕」というものが大きく勝敗を左右します。

やたら勝率にこだわる

これは、僕も長い間陥っていた部分。
人間、何事においても、「負け」を好む人はほとんどいませんので、この部分で引っ掛かってしまう人は多いと思います。

しかしFXは、勝率を競うものではありません。
最終的に資産が増えているか減っているかが重要なのです。

野球やサッカーならば、1-0や2-1など、僅差でもいいからとにかく勝つことが大事でしょう。
ほぼ全ての試合で負けたが一度だけ16-0で勝った、ということがあってもほとんどメリットがありませんので。

逆にFXは、1万円ずつ9回負けても10万円勝ちが1回あれば、1勝9敗という一見目を覆いたくなるような勝率でもトータルでは1万円の浮きなので、これで全然良いのです。
最終的にプラスなのですから。

むしろ、9勝1敗だろうと、1万円勝ちが9回で10万円負けが1回という内容ならば反省しなければいけません。
最終的にマイナスなのですから。

それに、変に勝率にこだわることによって、損切り時を見誤りズルズルとマイナスが拡大していくことにも繋がります。

FXで大事なのは、とにかく最終的に浮いていること。
小さく負けて大きく勝てていれば、勝率などはどうでもよいことなのです。

最後に

以上が、代表的なFX必敗法となります。

これらは、FX投資を始めた誰しもが一度くらいはやってしまうこと。
もちろん、僕もほとんどの禁止事項を思いっきりやりました・・・
そして、海よりも深く反省しました。

こういう「やってはいけないこと」って、頭ではわかっていても、実際に喰らってみないとなかなか身に染み込まないものなんですよね・・・

まあ、体験して身をもって知ることも良いのですが、できれば痛い目を見ずして身に付いた方がよいに決まっています。
皆様は、痛い目を見る前に、これらの「勝つためにやってはいけない禁止事項」を是非頭に叩き込んでいただければと。