ここでは、他の投資と比べた場合の、FX投資のメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

FXのメリット

FXには、他の金融商品には存在しない様々なメリットがあります。

外貨預金などに比べ手数料が安い

代表的な金融商品として「外貨預金」がありますが、実は外貨預金というのは顧客にとって大変不利な商品。
手数料が非常に高く、収益を出すのが難しいのです。
その点FXならば、外貨預金の1/10以下の手数料で済みます。

少額から始められる

以前までは、機関投資家などの独壇場になっていたFX市場ですが、1998年の法改正によって外貨取引が自由化され、それに伴って1万円程度の少額からでもFXを始められるようになりました。
この敷居の低さもFXの特徴です。

平日なら24時間取引可能

FX取引は時間的拘束を受けず、平日ならば24時間いつでも取引を行なうことができます。

勉強・研究に比較的時間がかからない

例えば株式投資ならば、数千という膨大な会社(銘柄)の中からどの株を買うか調べなければなりません。

しかしFXの場合ですと、とりあえず主要ないくつかの通貨について学んでいけばいいので、勉強・研究・分析が比較的容易に済みます。

元手よりも多くの額が扱える

「レバレッジ」をかけることによって、 入金したお金よりも大きな額を扱うことが可能です。
レバレッジにはリスクもありますが、その分プラスになった時の見返りも大きくなります。

どの局面でも利益を得ることができる

FXは「外貨の売り」から入ることも可能なので、円高だろうと円安だろうと、運用の仕方によってどの局面でも利益を得ることができます。

不正が発生しにくい

日本の株式市場などでは、よく「インサイダー取引」などの不正が発覚します。

しかしFX市場は世界最大の金融市場であるため、こうした不正が非常に発生しにくいという特長があります。

取引が成立しやすい

何においてもそうですが、相手が見つからなければ取引というものは成立しません。
ましてや、自分の希望する条件での取引成立を目指すと、相手を探すことがさらに難しくなります。

しかしFX取引の場合は、世界中に参加者がいるため、取引相手が見つかりやすいというメリットがあります。

FXのデメリット

何事も、メリットがあればデメリットも存在するもの。
これは、FXも例外ではありません。

業者倒産のリスク

資産を預けてあるFX口座を運営する会社が倒産すると、預けた資産が返ってこない場合があります。

ただしこれについては、信託保全を取り入れている会社を選ぶことで回避できますので、しっかりと信託保全を取り入れている業者を利用するのがベストです。

突発的な世界的事件に影響される

天災やテロ、戦争などによって予期しない為替変動が発生し、保持している通貨が暴落する危険があります。

株式投資ならば国内の出来事に影響を受けやすいですが、FXの場合は世界の市場が相手なので、世界中で起きるどんな出来事が為替に影響するのかがわからない、というデメリットがあります。

レバレッジによるリスク

FXのメリットとしても列挙したレバレッジですが、同時にデメリットにもなります。
入金した資産以上の額を動かせるため、手持ちのお金以上の損害を受けることも。

しかし、多くのFX口座で「マージンコール」という機能があり、入金額以上は投資できないようになっているので、そういった口座を選べばリスクは回避できます。

総合的に見た場合

上記の通り、メリットとデメリットを見比べた場合、やはりメリットの方が多いというのがFX投資に対する一般的な見解だと思われます。

もちろん、個人の価値観によって考え方はまちまちなので、投資をお考えの場合は、自分が一番しっくりくるものを選ぶのがベストです。