FXで勝ち続けていく上で、最も必要となる技術は何なのか?

この問いにズバリ答えるならば、それは・・・・・・

『損切りをしっかりできるかどうか』

これに尽きると思います。

取引経験の浅い人は「そんなこと・・・・?」と思ってしまうかもしれません。
逆に、ある程度取引の経験がある人には、「確かに!!」と納得していただけると思います。

一見、心を強く持っているだけでどうとでもなりそうな「損切り」。
しかし、実はこれがなかなか難しいことなのです。

損切りの難しさ

相場予測技術というのは、当サイトに記してあるようないろいろな分析方法を知り、日々相場と向き合っていれば、ある程度までは誰でも上達するもの。

しかし、損切り技術というのはなかなか思うように向上しません。

人間の心というのは実に弱いもの。
最初は「ここまでマイナスになってしまったら損切りしよう」と固く誓っていても、いざそこまでマイナスになってしまうとそう簡単には損切りできないものなのです。

「もうちょっと待てば回復するかも・・・」
「もうちょっとだけ待ってみよう・・・」

こういった思考に一旦囚われてしまうと、なかなか抜け出すことができません。
結果、ズルズルとポジションを持ち続けてしまい、さらに事態を悪化させることになってしまいます。

「もうちょっと待てば・・・」という甘い誘惑を断ち切り、ズバっとマイナス額を確定させる行為、すなわち損切りを、いかに潔く行なうことができるかどうか。
しかも、その潔さを一度や二度ではなく、毎回しっかりとこなせるかどうか。

このように、感情に左右されない損切りを徹底してできるようになれるかどうか、これこそがFX投資において長いスパンで勝っていくために最も必要な技術だと思います。

投資に「勝率」は関係ない

FX投資は、一回一回の取引において全勝することなど絶対に不可能です。
そんなことをできる人間などいません。

つまり、「負ける勝負もある」ということを前提に戦わなければならないものなのです。

どう頑張ったって何割かの確率で負けるのだから、その負ける時のマイナス額をいかに抑えるか。
このことについて対策を講じ、きちんと実行していくことが大事なのです。

これをわかっているのといないのとでは大きな違い。
是非、心に刻み込んでおいていただきたいです。

「損切りを制する者はFXを制す」

即興で作ってみた格言ですが(既にあったらスミマセン)、これこそが、FXで勝ち続ける上で最も重要な教訓だと僕は思います。
それだけ、損失を確定させる決済というのには覚悟・気合が必要になってくるということ。

ちなみに、都度都度自分で損切りの決断をするのは酷だし、精神的に非常にキツい作業。
なので、取引した時点であらかじめ「ここまで下がってしまったら(上がってしまったら)絶対に決済する」というラインを決めておき、そのラインまできたら自動で決済されるように設定しておくとよいです。

この自動決済の機能は、ほとんどのFX口座に備わっていますので、是非活用してください。